美空ひばりの死因の肺炎に痩せ薬のセンナや酒/アルコールが影響?梅毒やがん説は嘘!

Pocket

美空ひばりさんは昭和を代表する歌手です。

女性として初めて国民栄誉賞を受賞しました。

今回は美空ひばりさんの死因についてお話していきます。

美空ひばりの死因は梅毒やがんは嘘!本当は特発性間質性肺炎による呼吸不全!


美空ひばりさんは52歳という若さでこの世を去りました。

1989年6月24日午前0時28分。

波乱万丈だった美空ひばりさんの52年の人生に幕が下ろされました。

死因は「特発性間質性肺炎」の悪化による呼吸不全です。

ひばりさんは愛煙家でしたので死因は間質性肺炎による呼吸不全で亡くなってます。お酒も15歳から飲んでいて結婚した小林旭さんとも仕事の忙しさで愛しているのに離婚しなければいけない状況になって暴飲暴食をするようになりました。生活習慣の乱れで自らの身体を悪くしていたのが致命的でした。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

美空ひばりさんの死因は肺炎だと公表されていますが、がんや梅毒との噂もありました。

そう噂された理由は複数の病気を患っていたためです。

美空ひばりさんは複数の病気と闘いながら歌手活動をしておりました。

1985年5月、美空ひばりさんんが47歳の時のことです。

ひばりさんの誕生日記念ゴルフコンペの最中に、ひばりさんは原因不明の腰痛を訴えたことからもう始まっていたのです。

49歳の頃に公演先で体調不良に陥り緊急入院。

そこでは重度の慢性肝炎(肝硬変)と両側特発性大腿骨頭壊死症と診断され入院療養します。

ですが退院後も病状は一進一退で回復しませんでした。

それでもひばりさんは痛む身体を押し殺してコンサートを行っていました。

最中、肝硬変の悪化によるチアノーゼ状態にも陥りますが、それでもコンサートを強行します。

1989年2月7日の九州厚生年金会館での公演が、美空ひばりさんの生涯最後のステージとなりました。

この時楽屋では酸素気吸入器と医師が待機していたそうです。

View this post on Instagram

2019年5月29日発売アルバム 『美空ひばりトリビュート Respect HIBARI -30 years from 1989-』 5.歌は我が命 / 倖田來未 今回こんなに素敵なトリビュートアルバムに参加させて頂き、本当に幸せです。 歌い継いでいきたい楽曲がたくさんあり、 そして、歌い継いでいきたいアーティストさんがたくさんいらっしゃり。 本当に幸せでしかありません。 私の歌わせて頂いた『歌は我が命』は、歌手として「生きる道、何があってもあなたがいる限り歌い続けていく」と力強く、心に決意した楽曲です。 私もコンサートで歌わせて頂く際には、いつも、自分の決めた道、心に誓った夢を、そして待っていてくださる方を想いながら歌わせて頂いています。 ファンの方が居て下さる限り、 私の声がなくなるまで、 歌い続けたいと心から思います。 これからも、 皆さんの心の中で、 ひばりさんの歌声が響きますように。 #美空ひばり さん #トリビュート #アルバム #日本 #歌謡 #歌は我が命 #倖田來未 #kodakumi #平成 #から #令和 #時代 #が変われど #歌い継がれる #名曲

倖田來未さん(@kodakumi_official)がシェアした投稿 –


肝硬変を患っていた時にがんや梅毒を患っていたのではないかと勘違いされました。

ですが、この時期の体調不良に限っては肝硬変によるものであって、梅毒やがんが原因ではありませんでした。

ではなぜ複数の病気を患ってしまったのでしょうか?それは相次ぐ親しい者を失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染めてしまったためです。

そして1980年代に入り美空ひばりさんが40歳に突入すた頃、まわりの親友、肉親たちの急死が相次いだのです。

1981年ひばりさんが44歳の時、ステージママとして長年二人三脚で歩んできた母・喜美枝さんが転移性脳腫瘍で亡くなります。

そして、父親代わりとしてひばりさんを可愛がってくれた田岡組組長・田岡一雄さんが亡くなりました。

翌年には大親友の江利チエミさんが亡くなり、1984年には大川橋蔵さんも死去。

ひばりさんと養子縁組した加藤和也さんの実父・哲也さんも1983年に亡くなり、もう一人の弟・加山武彦さんも亡くなったのです。

1987年にはひばりさんと親交が深かった鶴田浩二さんも死去。

ここまで次々と親しい者に去られると酒やタバコに逃げたくなる気持ちもわかりますよね。

「特発性間質性肺炎」とはどんな病気!

View this post on Instagram

憎や 恋しや 塩屋の岬 . 美空ひばりの名曲、みだれ髪の一節に登場する灯台。 一度病いに倒れたひばりが、不死鳥のように再起して復活した一曲は、暗闇の遠くからでも光って見える灯台に自身の境遇を重ねてイメージされたといいます。 . . #instatravel #福島 #いわき #東北 #歌手 #美空ひばり #landscapephotography #写真好きな人と繋がりたい #fukushima #singer #instapicture #lighthouse #カメラ好きな人と繋がりたい #誰かに見せたい風景 #写真 #相馬 #灯台 #instagramjapan #常磐 #旅写真 #昭和 #過去pic #田舎 #浜通り #過去空 #visitjapan #復興 #がんばろう福島

sgr@ty2さん(@rigeru.5155)がシェアした投稿 –


特発性間質性肺炎はかなり厄介な病気なようです。

美空ひばりさんを死に追いやった「特発性間質性肺炎」とはどのような病気なのでしょうか?

特発性間質性肺炎は、原因不明(特発性)の間質性(肺胞隔壁に広範囲に及ぶびまん性)の炎症が起きる肺炎(特定疾患)だ。

引用:http://healthpress.jp

特発性肺繊維症は中高年以降に呼吸困難や乾いた咳からはじまり、それはゆっくり進行していきます。

そして4~5年で呼吸不全が現れて死亡する確率が高くなります。

治療を行ったとしても5年生存率は約36%。

10年生存率は約20%と言われる難病。

病気の進行はかなりゆっくりです。

そのため美空ひばりさんも無理をしてステージに立ち続けていたのでしょう。

肺がんを引き起こす原因にもなりうるようですし、かなりつらい闘病生活だったと思います。

特発性間質性肺炎を招いたのは酒(アルコール)の多量摂取や喫煙過多か

View this post on Instagram

このひばりさんとっても可愛い。 最近なかなか元気になれず、その度にひばりさんを最近は聴いてます。 所詮一人なんですねぇ。人は。孤独感と向き合う日々です。 元気になるのってこんなに難しいんだなと。 ひばりさんはもっとキツい孤独感と闘っていたんだなぁと思うと、ジーンと来るなぁ。 こんな投稿、誰にも見てもらえないんだろうけど、言葉を具現化するのも大事なのかな。 残りの人生、なるべく生きて、生き抜いていつの間にか居なくなってれば一番いいなと最近は思う毎日です。 #美空ひばり #月下美人 #悲しい酒

門脇浩人さん(@dragonsfan66)がシェアした投稿 –


病気の直接的な原因はわかっていないようですが、喫煙ではないかと言われています。

美空ひばりさんは「特発性間質性肺炎」と同時に、「重度の肝硬変」を併発していました。

最愛のお母様を亡くされてからひばりさんは「酒」と「タバコ」に手を染めるようになったと言われています。

肝硬変は飲酒、特発性間質性肺炎は喫煙が原因だと思われます。

美空ひばりの死因にセンナ茶(痩せ薬)が影響!


美空ひばりさんは病気になってから毎日の食事は玄米とお茶だけでした。

その食生活が原因で早死にしてしまったという説もあるのです。

また、一緒に飲んでいたお茶はセンナ茶と言われる便秘に効く薬で痩せ薬としても有名でした。

一般的に玄米は健康食品ですから、それが早死につながったとは考えにくいですが、ほかに食事をとっていなかったみたいですから栄養が足りていなかったのかもしれませんね。

センナ茶を飲むように指示させた謎の医師がいた!


美空ひばりさんの食生活は医者から指示されたものだったようです。

美空ひばりさんの治療に関わっていたのが、ハワード・ヤングという医師で、医師独自の治療によって肝臓の機能を6割まで回復させますが、再び肝臓を悪くして美空ひばりさんは永眠しました。

その食事療法とは玄米だけを食べる治療法であり、低タンパク質の食事になるので体重が少なくなり急激な血圧の低下を招き、死因の1つになったと言われています

引用:https://lenachama.com

かなり怪しい治療ですが美空ひばりさんはこの方を頼るしかなかったのでしょうか。

出典:https://lenachama.com

この方の治療で高峰三枝子さんも早死にしてしまったようです。

このハワード・ヤングは韓国系のアメリカ人で、1990年ごろには約600人の顧客が国内にいました。

特に政治家や大物経営者などの顧客が多くおり、芸能人にも多数の顧客がいたそうです。

引用:https://lenachama.com

このハワード・ヤングは高峰三枝子さんの治療も行っていたという噂がありました。

高峰三枝子さんもこの食事療法を受けていて早死にしたと言われていたのです。

最終的にこの方は2003年3月17日に出入国管理及び難民認定法違反で逮捕されました。

怪しい治療法による逮捕ではなく、別の罪で逮捕されました。

美空ひばりの死因に山口組の関与はなくとも関係がやばい!


美空ひばりさんが活躍していた昭和時代は地方で営業をする際にその土地の暴力団に挨拶をしなければならないという暗黙の了解がありました。

挨拶にいかないと公演を妨害されたり、嫌がらせを受けるといった妨害行為が実際にあったと言われています。

美空ひばりさんも例外ではなく、地方で活動をする際には挨拶に行っていました。

山口組へ挨拶にも行ったことがあるようです。

当時の関西地方は山口組が仕切っていたそうで、関西巡業の時には美空ひばりさんも必ず山口組に挨拶しに行っていたそう。

それは美空ひばりさんが11歳の時のこと。

美空ひばりさんはお母様と共に、山口組三代目組長・田岡一雄さんの前でも物怖じせず堂々と挨拶したとの話しが残っています。

当時の山口組の組長の前に挨拶に行ったときに美空ひばりさんは生歌を披露します。

出典:https://kantaiki0219.com

11歳の美空ひばりさんを見た田岡組長は、ひばりさんのオーラと無限の可能性を感じ歌を披露してくれと要求しました。

ひばりさんは藤山一郎さんの「影を慕いて」を見事に歌い上げたのです。

その歌声に感動した山口組の組長は美空ひばりさんを「生涯に渡って守ろう」と誓いました。

その後ある事件をきっかけに美空ひばりさんと山口組の関係はより親密なものになります。

昭和32年に美空ひばりさんがファンの少女から顔に塩酸をかけられる事件が起きたのをきっかけに、田岡一雄から庇護してもらうようになり「神戸のおじさん」「御嬢」と呼び合うなど家族ぐるみの付き合いに。

引用:https://kantaiki0219.com

1958年に田岡一雄さんは「神戸芸能社」という会社を立ち上げました。

その「神戸芸能社」に美空ひばりさんは所属し、ひばりさんの弟・かとう哲也さんが山口組の組員になりました。

こうして美空ひばりさんと山口組は深い関係に陥ってしまったのです。

ですが美空ひばりさんの死因に山口組は全く関係がありません。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.