くずの三船美佳のつくり笑いに非難殺到!創価学会との関係や明らかになった新事実がやばい!

Pocket

三船美佳さんは日本の女優です。

父親は俳優の三船敏郎さんで、愛人との間に生まれたのが三船美佳さんです。

今回は三船美佳さんのくずっぷりについてお話していきます。

くずの三船美佳のつくり笑いがゆるせないとの声

三船美佳さんがくずと言われるのは、作り笑いが気持ち悪いからだと言われています。

目が笑ってないし気持ち悪いですよね。あの子って感じのいやしさが滲み出ていて、作り笑いってわかりやすいですね。

離婚騒動より前から、闇ありそうなウソ笑顔だと思っていたけど、騒動を知ってやっぱりなと、思いましたね。

三船美佳さんは高橋ジョージさんとの離婚騒動の際にも常に笑顔でした。

不自然なまでの笑顔が、視聴者の方には不気味に思えてしまったのでしょうね。

作り笑いの多さからは心の闇の深さを感じてしまいます。

幼いころから無理やりにでも笑っていないと生きていけない環境で育てられたのかもしれません。

そんな境遇を考えると少しかわいそうな気もしますね。

高橋ジョージとの離婚で明らかになった三船美佳のクズすぎる正体と新事実について!

三船美佳さんは2015年に歌手の高橋ジョージさんと離婚しました。

二人は三船美佳さんが10代のころから結婚されていますが、離婚の理由が高橋ジョージさんのモラハラだということは多くの人がご存知だと思います。

しかし、離婚した本当の理由は高橋ジョージさんのモラハラではなかったようです。

しかし、その後神田正輝さんとの不倫報道や、三船敏郎さんが作った多額の借金を、高橋ジョージさんが返済しており、その返済が終わると、三船美佳さんから「パパの役目は終わった」と笑顔で話していたと暴露されたのです。

本当の理由は三船家の借金の返済だったようです。

高橋ジョージさんはいいように利用されてしまったようですね。

三船美佳さんは離婚報道の最中にも不自然な部分がかなりありましたね。

常に笑顔だったし、離婚を悲しむ素振りすら見受けられませんでした。

本当にお金のためだけの結婚だったのですね。

また、離婚の条件もクズすぎます。

三船美佳さんが提案した離婚後の条件です。

高橋ジョージさんは、今後は娘と会うことは許されず、年に2回ほど、カラー写真を見せるのみだそうです。

静止画であって動画ではありません。

これは娘さんにとっても酷な話ですよね。

三船美佳さんの身勝手理由で実の父親に二度と出会えないのはとてもつらいことです。

また借金の返済が終わったにもかかわらず、さらに金銭を要求しています。

また、金銭に関する離婚条件については「慰謝料や養育費も求めていない。後は高橋ジョージさんが自発的に子供のことを考え、負担してくれればありがたい」と説明したと言います。

しかし、実際は三船美佳さんから高橋ジョージさんに対して、「財産分与の申立て」をしていたそうです。

徹底的にお金を搾り取りたいみたいですね。

男性をATMとしか思わない女性のなれの果てはこうなってしまうのでしょうか。

世間的には高橋ジョージさんだけが悪者扱いされていましたが、すべては悪魔のような三船美佳さんの戦略だったのでしょうね。

時代が違えば魔女狩りにあっていたかもしれませね。

くずで話題になり三船美佳と創価学会の関係が明らかに

三船美佳さんは創価学会に入信していたみたいですね。

三船美佳さんは、熱心な創価学会信者として知られていて、三船美佳の両親の三船敏郎さんと喜多川美佳さんも学会員だったのです。

三船敏郎さんは喜多川美佳さんと出会うまでは、学会と無縁だったのですが、喜多川美佳さんと交際を始めてから創価学会と縁を持ち、三船敏郎さんは前妻と離婚をすると、三船プロダクションは創価学会派と反創価学会派に分裂して崩壊しました。

原因は実質的な妻として喜多川美佳さんが権力を握り、「学会に入信するか、または三船プロから出て行くかを選べ!」と迫り、所属タレントのほとんどが辞めて、三船プロから出て行きました。

両親ともに創価学会の一員だったみたいです。

三船家の借金の原因は創価学会だったのかもしれませんね。

宗教のことはよくわかりませんが、あまりいい印象は持ちませんよね。

三船美佳さんの父親の三船敏郎さんも創価学会に出会ってすべてを失いました。

昭和の大俳優、三船敏郎さんは創価会員の女と出会ったために、家庭崩壊を招き、会社も崩壊、三船が育てた俳優陣も離れていき、最後は失意のどん底で孤独な最後を迎えています。

また、三船敏郎さん名義の資産のほとんどを、喜多川美佳さん名義へと勝手に変更して奪い取ったようです。

この頃、三船敏郎さんは創価学会の広告塔として利用され、実質的に学会に生活と仕事を支配されていました。

この状況になってようやく三船敏郎さんも創価学会の正体に気づいたが、とき既に遅く、三船敏郎さんの周囲からは人が離れていってしまった後でした。

なるほど。

三船美佳さんのクズっぷりは母親譲りというか宗教団体譲りというか。

こんな環境で幼少期を過ごしたのであれば、人格が歪んでも仕方ないのでしょうか。

人を不幸をすることでしか自分が幸せになれないかわいそうな人間ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.