三浦友和と山口百恵の息子は歌手(ミュージシャン)&俳優!逮捕されたのは本当?

Pocket

三浦友和さんと山口百恵さんが結婚したのは1980年11月19日。

二人は1974年5月、グリコのCMの撮影で初めて出逢いました。

その後、三浦友和さんと山口百恵さんは「ゴールデンカップル」として、ドラマ・映画などの「赤いシリーズ」で恋人役を演じてきました。

堂々の交際宣言をし、結婚へ。

1980年10月5日、山口百恵さんはラストコンサートでマイクを置き引退。

それから30年以上たっても「おしどり夫婦」「理想の夫婦」として憧れられています。

そんな三浦友和さんと山口百恵さんの息子さんについて迫っていきます!

三浦友和と山口百恵の息子(長男)三浦祐太朗は歌手(ミュージシャン)で元バンドマン!

三浦友和さんを父に持ち、山口百恵さんを母に持つ最強のサラブレットと言われる息子で長男の三浦祐太朗さん。

三浦祐太朗さんはシンガーソングライターとして、多くのメディアで取り上げられています。

三浦祐太朗さんがデビューしたのは2008年。

デビュー当時はバンド『Peaky SALT」のボーカル「ユウ」として活動していました。

2002年に中学生時代からの同級生で音楽の道を志していた、ユウ(vo)とキミヒデ(g)とコセン(b)が結成したバンドが母体となり、後に後輩のスーザン(dr)(2010年に脱退)が加入し「Peaky SALT」を結成する。

デビューしてすぐにCM出演などもして、大々的に売り出したようでしたが、期待に沿えない結果ばかりになりました。

しかしCDは思うように売れず、2010年には音楽会社・バップとの契約が切れて、一部メンバーが脱退。同年9月には残ったメンバーとも方向性の違いを理由に、活動休止が発表した。

「2012年3月には歌手・松山千春(59)の自叙伝が原作の舞台『旅立ち~足寄より~』の主演に選ばれ俳優デビューを果たすも、関係者の期待とは裏腹に大きな話題や注目は集まらなかった。

最強の二世として鳴り物入りでデビューしたのですが、それほどメジャーにはなれませんでした。

やはり二世で親より有名になることは、大体の場合無理なんですよね。

そこも背負って二世としてメディアに出るのですから、最初の期待値が高いほどがっかりするケースも多いです。

アニメ好きで話題になったことも!

なかなかのイケメンである三浦祐太朗さんですから、もちろんこれまでモテてきたでしょうし、実際、彼女がいた時期もありました。

ですが、三浦祐太朗さんの恋愛路線は完全に違うベクトルへと変わっていったのです。

「番組でのトークによると、祐太朗は現在“アニメ”にハマっているそうです。彼は放送されているほとんどのアニメを3話まで録画して、暇な時に撮りためていた分を全て視聴しているとのこと。

特に好きなアニメはフジテレビ系の“ノイタミナ枠”で放送されていた『冴えない彼女の育てかた』で、『これがめちゃくちゃ良くてですね……』『いわゆるハーレム系のアニメなんですけど』と熱弁。

同作品に出てくるヒロインの1人“加藤恵”というキャラクターが、“嫁”だとも語っていました」

番組では“加藤恵”の声優・安野希世乃が、スタジオの裏でスタンバイ。祐太朗がリクエストした、「祐太朗から離れなさいよこの泥棒猫」というセリフを披露してくれた。すると彼は合掌をして拝みはじめ、「尊い……」と一言。

三浦祐太朗さん、この時メロメロでした。

こんな姿晒しても大丈夫?と他人事ながら思いました。

三浦祐太朗さん曰く、現実の女性は自分を嫌いになるけどアニメの女性は自分を嫌いにはならない、傷つけられないということらしいです。

また、弟の三浦貴大さんが言っていたのですが、兄弟二人集まると「とにかく早くそっちが結婚して両親を安心させて」と言い合っているのだそうです。

これは、当分、三浦友和さんも山口百恵さんも孫の顔は見れないかもしれません。

山口百恵の名曲をカバー

2017年7月5日に三浦祐太朗さんは母・山口百恵さんの名曲をカバーしたアルバムをリリースしました。

今まで何故こんな素晴らしい発案がされてこなかったのだろうと思いましたよ。

それほど、山口百恵さんファンにとっても、三浦祐太朗さんファンにとっても特別なことなのだろうと思いますし、多くのカバーアルバムが出ている昨今で、母親の曲を息子がカバーするなんて、なんて素敵なことだとも思いました。

アーティスト活動10周年の節目として、母のDNAを受け継ぐ自身が、伝説の歌手“山口百恵”の名曲を歌い継ぐことが「使命」と考えていたことがきっかけ。

折しも、テレビ番組で百恵さんの「いい日旅立ち」「秋桜」をカバーしたところ、所属事務所にCD化の問い合わせや要望が1000件以上殺到。

同様に興味を持ったレコード会社数社が争奪戦の末、7月5日にユニバーサルミュージックから発売することが決まった。

三浦祐太朗さんとても優しい歌声で、山口百恵さんの歌声とはまた違った魅力的な声をされていますので、同じ曲なのに全然違った印象を受けるのです。

収録曲は「いい日旅立ち」「秋桜」「さよならの向う側」「曼珠沙華」「イミテイションゴールド」「夢先案内人」「プレイバック part2」「謝肉祭」の全8曲を予定。

選曲にあたってはカラオケボックスで数ある母の名曲を改めて歌ったうえで、自身がカバーする意味のある楽曲を厳選。さらに、それらの楽曲を提供した谷村新司、さだまさし、宇崎竜童、阿木燿子らに直接あいさつに行き、カバーする許可やアドバイスをもらったうえで最終的に選曲した。

山口百恵さんに楽曲を提供した方々は皆さん「感無量」だったのではないでしょうか。

さだまさしさんなんて「泣きそうだった」とおっしゃっていましたよ。

また、ある歌番組に三浦祐太朗さんが出演した際、父・三浦友和さんが祐太朗さんのカバー曲についてインタビューに答えた貴重な場面がありました。

安住紳一郎アナウンサーのインタビューを前に「一番緊張するなぁ。自分のことじゃないんですけどね」と本音を漏らした三浦は、息子が歌う百恵さんのカバーはラジオで初めて聴いたといい、「親バカなのかもしれませんが、夫婦で『感動した』というメールを送りました」と明かした。

安住紳一郎さん、この時「三浦友和さんは鉄の三浦と呼ばれていて、プライベートはなかなかお話ししてくれない」と仰っていました。

それだけ珍しいことだったのです。

百恵さんの楽曲はこれまで100組以上にカバーされているが、「それは光栄なことだし、誇りに思っているけれど、やっぱり息子が歌ってくれるのはすごくうれしい。その分、今、一番悩んでるんだろうなって言っていましたね」と百恵さんの言葉を代弁。

父親として「残っていく曲というのは、本当に一握り。歌い継ぐ者の使命感というか、誇りというか、名曲を歌わせてもらえるという感謝の気持ちを持って、人に届けてほしいと思います」と長男にエールを送った。

この三浦友和さんの発言を受けて、当の三浦祐太朗さんはこう話しました。

うなずきながら聞いていた祐太朗は「僕のために父がわざわざインタビューに答えてくれたのはうれしかったですし、初めてです」と喜びをかみしめ、司会の中居正広から「いろんな方にカバーされてると思いますが、最高の親孝行ですよね」と声をかけられると「そうだといいんですけど」と恐縮した。

祐太朗さんを通して三浦友和さんや山口百恵さんの生活が、ちょっと垣間見れるいいシーンでした。

紅白の目玉に親子共演をNHKが画策

実は2016年の紅白歌合戦の目玉として、NHKは山口百恵さんと三浦祐太朗さんの親子共演を画策していたんです。

実にNHKらしいと言わざわるを得ませんが、息子で釣ろうとする姿勢は何だか応援できません。

テレビ関係者はこう語ります。

「彼女は人間・三浦百恵として、山口百恵のイメージを死守したいという強い責任感を持っています。そのため、本人出演はおろか、過去の資料映像すら使用許諾が下りることはほぼありません

それがどうして親子共演などという話しになったのか。

6月28日の『UTAGE!』(TBS系)では山口百恵特集を放送。その中で百恵の長男でシンガーソングライターの三浦祐太朗が出演し、母への想いを込めて名曲『秋桜』を熱唱した。

なんとその際、20歳当時の百恵の歌唱映像が流れ、祐太朗と交互に入れ替わるように何度も大映しになったのだ。その往年の神々しいまでのスターのオーラに共演者も思わず涙。会場は感動の渦に包まれた。

こんな日がくるとは百恵ちゃんファンは思ってもみなかったのではないでしょうか?

祐太朗さんを通して山口百恵さんを見ると、本当に偉大な歌手で、偉大な母だと思わずにはいられませんでした。

「当時に思いを馳せる年配層とは逆に、百恵を知らない若い世代からは、『誰の曲?』『山口百恵って誰?』と局に問い合わせが殺到したそうです。この情報を聞きつけたNHKがさっそく親子共演を今年の目玉にしようと動き出したといいます。

実際、祐太朗が収録の朝に百恵にLINEで『秋桜』を歌うことを報告したところ、『祐太朗がカバーしてくれるのはうれしい』とスタンプ付きで送ってきたそうですから、息子の紅白出場のためならひと肌脱ぐ可能性はありそうです」

この思惑は見事に外れましたが・・・。

三浦友和と山口百恵の息子(次男)三浦貴大は俳優!ドラマ「高嶺の花」にも出演

三浦友和さんと山口百恵さんには、三浦祐太朗さんの1歳下に次男の三浦貴大さんもいらっしゃいます。

年が近いこともあり祐太朗さんと貴大さんはとっても仲良しなんだそう。

貴大さんについて簡単にご紹介します。

大学卒業を機に父と同じ役者への道に進むことを決め、2010年に映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビュー。

大学時代には体育会のライフセービング部に所属しその時に鍛えた肉体が認められ、大正製薬「リポビタンD」のCMにも起用される。

「リポビタンD」のCMと聞いてピン!ときた方もいらっしゃるかと思います。

最近で言うと、石原さとみさん主演の「高嶺の花」にも貴大さん出演していました。

しかもこれまでにないイヤな最低男を演じたのです。

どんな役どころだったのでしょうか。

吉池拓真(三浦貴大)は月島もも(石原さとみ)の婚約者でした。
そう、あの日まで。

今となれば、元婚約者という立場になります。

2人の結婚しい当日。
なんと月島もも(石原さとみ)は吉池拓真(三浦貴大)に裏切られて結婚が破談となりました。

これがきっかけとなり月島もも(石原さとみ)は立ち直れない日々を過ごしていたのです。

一方、吉池拓真(三浦貴大)というと、別の女性と結婚。
結婚相手は吉池真由美(西原亜希)です。

さらに吉池真由美(西原亜希)は妊娠中。

吉池拓真(三浦貴大)は、月島もも(石原さとみ)を裏切り、別の女性と結婚。
さらに妊娠をさせ、幸せな家庭を築くという最低な男なのでした。

これは確かに最低男です。

個人的に三浦貴大さんの演技力を評価しているので、この時の三浦貴大さん本当にイヤ~な男でしたよ。

これまでの好青年のイメージを一新させた、真骨頂とも言えました。

三浦友和の実姉が明かした山口百恵との三男発覚か?→実姉の息子を可愛がっていただけ

三浦友和さんと山口百恵さんの子供は、祐太朗さんと貴大さんお二人だったはずですが、何やら三男がいるとかいないとか・・・?

それには理由がありました。

三浦友和さんの実のお姉さんの子供・建太さんを、山口百恵さんが実の子のように可愛がっているのだそうです。

その証拠にこんなことがありました。

「百恵は、自分の息子たちにも20歳の記念にキルトを作っているんですね。長男の祐太朗(33)は『空』、次男の貴大(32)は『海』、うちの建太(30)には『大地』をテーマに、それぞれが20歳になるタイミングで順番に作ってくれた3部作。その気持ちがとってもありがたかったですね。だって、1枚作るのに2年もかかるものなんですから」

確かに百恵さんのパッチワークの腕前はすごいと聞いています。

それを甥っ子さんにも贈られるなんて、それだけ大切に想っている証拠です。

「子どもたちは、“3人兄弟”のようでした。主人は仕事柄ほとんど家にいなくて、建太にとって主人はものすごく可愛がってくれるお父さん。半面、ビシッと叱ってくれるのが弟(友和)でした。」

ペンション経営で忙しい建太さんのご両親に代わって、百恵さんがお母さん代わりのような存在だったのでしょう。

いい関係性を築けているようで、百恵さんが友和さんの家族で苦労はされなかったことが伺えます。

三浦友和と山口百恵の息子が逮捕?→デマ

三浦友和さんと山口百恵さんの息子さんが逮捕されたという、とんでもないデマ情報が流れた時がありました。

それが、先ほどご紹介した甥っ子の絲木建太さんが関係しているようです。

この噂の発生理由として1つ考えられるのが、三浦さんの甥(姉の息子)である俳優・絲木建太さんの存在です。絲木さんは、2013年に、プロダクション尾木から独立しており、その後は禊期間としてしばらく仕事を休業しています。

休業がどうして逮捕に!?

絲木さんは、一般的な知名度こそないものの、「仮面ライダーフォーゼ」に幹部怪人役として出演していた経歴があります。そのため、絲木さんの突然の独立・休業話が、熱心な特撮ファンの間で話題となり、「逮捕でもされたんじゃ?」という噂でも生まれたのでしょう。

その際に、「三浦さんの甥が逮捕された?」という噂が、どこかで間違って伝わり、「三浦さんの息子が逮捕された?」という噂に置き換えられたのだと思います。もちろん、絲木さんに関しても、過去に逮捕されたという事実は存在せず、現在でも地道に役者業で活躍しており、ネットの無責任な噂の怖さを感じさせる話題ですね。

伝言ゲームって怖いですね~。

こうやってねじれていくと最早手の打ちようもありません。

そして、もう一点、三浦友和さんと山口百恵さんの息子が逮捕されたと言われた原因がありました。

それは、次男の貴大さんの所属事務所の社長・佐藤幸久さんが逮捕されたことからでした。

しかも覚醒剤取締法違反という罪名。

佐藤幸久さんは俳優の浅野忠信さんのお父さんでもありました。

佐藤幸久さんは、芸能事務所社長として独立する前にはマネージャーをやっていたとのこと。
また、当時を知る芸能関係者からは「態度が悪い」と語られることが多いようです。

これはとんだとばちっりですね。

どう見ても、どう考えても、三浦祐太朗さんと三浦貴大さんが警察沙汰を起こすようなタイプには見えません。

華やかな世界を捨てて結婚に子育てに力を注いできた百恵さんが、そんな子育てをするわけがありません。

三浦友和と山口百恵の息子(長男&次男)の大学や学歴は?

三浦友和さんと山口百恵さんの子育て論については全く分かりませんが、恥ずかしくない程度の学歴は築いてあげていたようです。

長男・祐太朗さんの学校は、中学から大学まで「成城学園」でした。

大学は「成城大学の法学部」を卒業されました。

芸能人のお子様が通うことで有名な「成城学園」ですから、正真正銘のお坊ちゃんですね。

ちなみに小学校から中学まで部活動でサッカーをされていたそうです。

ポジションは自らゴールキーパーをされていたそうで、理由は「走りたくなかったから」だったそうですw素直過ぎませんか!?

次男の貴大さんの学校は祐太朗さんと同じく「成城学園」だったようです。

大学は「順天堂大学」へ進まれました。

ここら辺に長男、次男の差が出てきている気がします。

祐太朗さんは楽な進学へ、貴大さんは新しいことへ挑戦するため違う大学へ。

貴大さんはなんでも水泳が得意だそうで、大学時代はライフセービング部に所属していたそうです。

バリバリの体育会系って感じですよね!

祐太朗さんは百恵さんと同じ歌手の道へ、貴大さんは友和さんと同じ俳優の道へ行かれました。

親の背中を見て育つとはよく言ったものです。

祐太朗さんは歌う前に「お父さん、お母さん、産んでくれてありがとう。愛してます。」と言ったことがありました。

二人の息子さんにとっても最高の両親なのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.