吉川ひなのの旦那さんの保科の職業/仕事は?元関東連合って本当?画像あり。

Pocket

吉川ひなのさんは日本のモデル、女優です。

1999年にIZAMさんと結婚されましたがわずか7か月で離婚し、「ままごと夫婦」と言われました。

その後は一般男性と再婚しています。

今回は吉川ひなのさんの再婚相手について紹介していきます。

吉川ひなのの旦那さんの保科爵介の職業/仕事は?→現在は会社社長だが、元関東連合!画像あり。

吉川ひなのさんの再婚相手の保科爵介さんついて紹介していきます。

吉川ひなのさんと保科爵介さんはできちゃった婚です。

1999年2月にIZAMUとの「ままごと結婚」&わずか7か月での電撃離婚から、2011年には、保科爵介さんという一般人の方と「できちゃった結婚」をし、現在は娘さんと3人家族でハワイ在住の吉川ひなのさん。

こちらが保科爵介さんの写真です。

保科爵介さんは一般の方ということで、お仕事は何をしているのでしょうか?

「Nitro Production」という会社の社長だが、会社の実態は詳細不明(HPなども見当たらず・・・)

自称経営者のようですが、実体がなくかなり怪しいことをやっていそうですね。

実際保科爵介さんの経歴はやばいものばかりで、前科持ちでもあります。

かつて新宿を騒がせたチーマーグループ(暴走族)「新宿ジャックス」の創立者

その後、関東連合(暴走族の連合体)の千歳黒帝会に加入

2002年、モデル女優の橋本麗香とつきあっていたさいに、彼女に交際を申し込んだヘアメイクの男性に対して、「俺の女に手を出したな。落とし前つけろ」と500万円を脅し取ろうとし、供養活未遂で逮捕されるという前科者

六本木襲撃事件で世間を騒がせた関東連合を、警察庁が「準暴力団」とし取り締まりを強化。その際に関東連合OBが経営する会社などには、警察用から「要マーク」として警戒される。

六本木襲撃事件の主犯格の見立真一容疑者が、保科爵介氏&吉川ひなの夫妻との親交があったことから、吉川ひなののママタレとしての日本での活動が厳しくなる

と、やばい匂しかしない人物です。

吉川ひなのさんの立場も危うくなりその後、ハワイに移住しているようですから、かなりの収入はあるのでしょうか?

収入源は吉川ひなのさんに頼り切っているのか、それともグレーなお仕事でお金を稼いでいるのでしょうか。

吉川ひなのは現在、旦那の保科爵介とハワイからLAに移住!

吉川ひなのさんはハワイに移住しましたが、その理由を次のように語っています。

ハワイへ移住した理由は子供がうまれた事をきっかけに東京だと仕事優先の考えになってしまって以前から気を抜ける場所であったハワイで子育てをするのが良いと思ったため。

これはどうなのでしょうか?

旦那のグレーな部分がどんどん明らかになってしまい、日本での芸能活動はもちろん私生活もしにくくなったことが原因ではないかと私は思います。

日本からハワイへ移住した後、吉川ひなのさんたちはロサンゼルスに移住しています。

11日にInstagramとアメブロでロサンゼルスに引っ越したことを報告していた吉川は、この日「朝食に、ダウンタウンのステキなカフェへ」とテラス席や店内の写真を公開、そのお店には雑貨なども売られているようで、「ここに売ってたカゴがほしいな カッティングボードもほしい」と商品が売られているスペースの写真も公開した。

これはなぜでしょうか。

ハワイでも粗相を犯したのかもしれませんね。

吉川ひなのの旦那の保科爵介のタトゥーがやばい!

吉川ひなのさんの旦那の保科爵介さんはタトゥーを入れています。それは吉川ひなのさんのデートの時にもバッチリ報じられています。

この時はひなのとの デート現場をキャッチされ、腕に入れたタトゥーまでばっちり報じられた。

予想外でも何でもないですね。

個の経歴の持ち主はタトゥーを入れていても何ら不思議ではありません。

ちなみにそのタトゥーがこちらです。

入れすぎて何が何だかわかりませんね。

おしゃれなタトゥーもあるとは思いますが、このタトゥーはちょっと理解できません。

吉川ひなの元旦那はizam!結婚会見がやばい!離婚理由は?→2つの説があるが、真相は不明!

吉川ひなのさんの元旦那はロックバンド「SHAZNA」のボーカルのIZAMさんです。

IZAMさんとは結婚会見のときから怪しい雰囲気が出ていました。

2人は手をつないで現れ、壇上にあがってもずっと手を離さない。結局約40分の会見の間、手をつなぎっぱなし。揃って左鼻にピアスをつけていたのも目を引いた。

ひなのは開口一番「ひな祭りにひなののお祭りをご報告できてうれしいです。今日の気持ちはまっピーンクです。これは初恋ですよ。きゃー、恥ずかしい」とハイテンションではしゃいだ。

結婚って人生においてかなり大きな選択だと思います。

結婚会見当時の二人の様子はノリで結婚をするような軽い感じでした。

結婚を決めた理由については「せっかく結婚というかわいい制度があるので使わない手はない」と迷言(?)を吐き、IZAMも「(結婚式で)どっちがウエディングドレスを着るか、今、取り合い中です」とこちらも珍コメント。さらに、すでに同居していて「一緒にお化粧したりが楽しい」(ひなの)という言葉に、報道陣は口をあんぐりさせるしかなかった。

この様子だと結婚sにて二人で生活できるのかが心配になりますよね。

まるで子供同士の結婚みたいです。

「ままごと夫婦」はこの二人のためにある言葉ですね。

そして周囲の予想通り二人はわずか7か月で結婚生活に幕を下ろしてしまいます。

4月23日に式を挙げたが、案の定、ひなのの様子がおかしい。5月4日にアメリカ西海岸とハワイへの新婚旅行から帰ってきた時に、成田空港でふさぎ込んでいたと早くも不仲説が流れる。そして6月4日に予定されていた披露宴会場が5月19日に突然キャンセルされていたことも明らかに。

なぜ新婚旅行で不仲になるのかがわかりませんね。

二人の離婚については2つの説が唱えられています。

離婚の原因は「内々で披露宴をするつもりだったひなのと盛大に披露宴をしたがったIZAMがぶつかり、ミゾが広がった」(芸能記者)という説、「旅行中にノーメークのIZAMを見てひなのの熱が冷めた」(ひなのの知人)といった説もあった。

夫婦でもめるにしても離婚するまでには至らない理由のように思いますね。

結婚してしまえばこのような揉め事は数多くあるでしょうし、どちらかが折れなければいけない時もあります。

早めに離婚しておいて正解だったのかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.