本田真凜の親の仕事は企業の役員って本当?ヤバい裏事情って何?

Pocket

今回紹介させていただく人は、フィギュアスケート選手の本田真凜(ほんだ まりん)さんです。

2001年8月21日生まれ、2019年3月現在17歳です。

2歳の時にスケート始めた本田真凛さん。

そんな本田真凛さんの親についてまとめてみました。

本田真凛さんの家族は、父親、母親、そして真凛さんを含めた5人兄弟の7人家族となっています。

本田真凛さんは兄弟は7人と母親・父親の7人家族です。

本田真凛の父親・竜一(りょういち)さん

真凛さんの父親・竜一さんは元フィギュアスケートの選手で、その経験から子供たちにもフィギュスケートをさせていると言われています。

本田真凛さんの父親竜一さんには色々な職業の噂がされていたようです。

最初に言われていたのは「医者」のようです。

ただこれは根拠があったわけではなく、子供4人にフィギュアスケートを習わせられるだけの財力があることからそうなのではないか?という理由で出てきた話だったようです。

4人のお子さんをフィギュアスケートに習わせるとすると大変なんですね。

世間の人も財力が鳴ければという理由で医者と言われていたこともあるようですね。

現在は、「会社員で役員」という説が濃厚のようです。銀行員ではないかとも言われています。

会社員だとしても役員クラスだという事のようです。

母親についても気になります。

真凛さんの母親・真紀さんは、専業主婦だと言われています。

真凛さんの家がお金持ちだという噂は、真紀さんが専業主婦であることからも出てきた噂のようです。

一般人のためあまり詳しい情報はありませんが、竜一さんとは大学時代に知り合い、数年の交際の末に結婚しています。

本田真凛さんの父親だけの収入でやっていけてるという事はそれだけ収入があるということでしょうね。

スケートの本田真凜の親の裏事情がヤバい

本田真凜さんの祖父が4社もの会社を経営している経営者で、その会社では、精密機器の運送・設置・メンテナンス・保管を一貫して行っており、その年商は20億といわれています。

本田真凜さんの祖父は、もともと商社マンでしたが、運送会社の娘さんの婿養子になり本田家に迎え入れられます。本田真凜さんの実家は古くは運送業を営んでたんですね。

本田真凛さんの祖父が4つもの会社を経営されている資産家だという事がわかりました。

年商が20億円をこえると言われているようです。

本田真凜さんの祖父は高額な精密機器の運送する物流会社へと会社を育て上げ、さらに設置やメンテナンスも請け負う会社に拡大。

精密機器は1台何億円もする超高額な製品のため、製造・設置・メンテナンスと一貫して行えば一度の取引だけで数千万円もの売り上げになると言われています。

本田真凜さんの祖父は、他には真似できない独自の物流システムを構築し、現在は関連会社4社、年商20億円まで成長しました。

本田真凛さんの祖父には会社経営の才能があったようですね。

「丸一商事株式会社」

設立は昭和55年(1980年)7月とあり、本田真凜さんの祖父が会社を興した年代とも重なります。

そして取締役会長に「本田一三」、代表取締役に「本田淑久」とあり、同族経営であることがうかがえます。

さらに関連会社は以下の三つでいずれも本社の住所は「丸一商事株式会社」と同じ。こちらも合致します。

本田真凛さんの祖父の会社が『丸一商事株式会社』だという事がわかりました。

祖父の会社を本田真凛さんの父親はなぜ引き継がないのか気になりますね。

父親の本田竜一さんは祖父の長男であることから、祖父の家業を継いでいると思いきや、代表取締役には「本田淑久」の文字。

実は父親の本田竜一さんは本田真凜さんら4兄妹のスケート生活のサポート役に回ったため、代表取締役の本田淑久さんは次男である弟さんが会社を継いでいるようです。

ただ、本田竜一さんは実家の会社に全く関わっていないわけではなく、会社の役員となっており、他株主としての収入がメインだと言われています。

これで本田家がこれほどまでに子供の習い事にお金をかけ、フィギュアスケートのサポートに回ることができる理由がわかりました。

本田真凛さんたち4人ものフィギュアスケートを習わすためには祖父からのお金の援助が必要だったという事ですね。

本田真凛さんの父親は会社の役員として頑張っておられるようです。

会社経営されると大変で子供たちのフィギュアスケートのサポートも出来ないでしょうね。

そういう理由から祖父から次男さんが会社経営を引き継がれたようです。

スケートの本田真凜の親の子育て方法がすごい

本田真凛さんの両親の子育て方法が凄いと言われています。

どんな子育て方法なのか気になります。

本田家の子供たちは毎日朝の5時起床。そしてダイニングルームに集まると、必ずバニラアイスを食べることになっています。

父の竜一さんいわく、朝アイスは眠っていた脳を活性化させる効果があるそうです。

その後は学校に行くまで2時間、朝早のうちにみっちり予習復習など勉強をするんです。

これも、疲れ切った夜よりも学習効率が期待できるからだそうです

朝アイスを食べると眠っている脳を活性化させるためと言っても、朝からアイスは私なら食べれないです…。

学校に行く前も2時間みっちり予習していくなど本田兄弟は偉いですね。

「普通は目標に向かって一歩ずつステップアップを目指すものですが、本田家ではあえて早い段階で“挫折”を経験させるのです。

そのとき感じる悔しさをバネにできれば、次は120%の結果を出せる可能性があるからです。実際スケートを始めた当初は負け知らずだった真凛ちゃんですが、11年の全日本ノービス選手権で上級生と対戦して敗北。当時、彼女はひどく落ち込んでいたといいます。

しかしそのときの悔しさをバネにした結果、翌年の全日本ノービスで歴代最高得点を叩きだして優勝したのです」

本田真凛さんの父親は挫折経験してその事をバネにしているようですが、挫折してくじけとしまう人もいるとは思います。

本田真凛さんの両親は挫折してもくじけない精神を作られていたという事でしょうね。

これからも、本田真凛さんにはフィギュアスケート頑張っていってほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.