宇梶剛士の若い頃の伝説はうそ?画像あり。

Pocket

今回紹介させていただく人は、俳優の宇梶剛士(うかじたかし)さんです。

1962年8月15日生まれ、現在56歳です。

高校時代には暴力事件で逮捕された経験もある宇梶剛士さん。

錦野 旦さんの付き人を18歳の頃していました。

そんな宇梶剛士さんの若い頃についてまとめてみました。

宇梶剛士の若い頃の伝説はうそなのかについて!画像あり

宇梶剛士さんの若い頃の伝説は嘘だと言われていますがどうなのでしょう。

気になりますよね。

宇梶剛士さんの若い頃の武勇伝を見ていきたいと思います。

武勇伝①ブラックエンペラー本部に単身殴り込み→本当

宇梶剛士さん武勇伝エピソードでブラックエンペラー本部に単身で殴り込んだことがあるようです。

ブラックエンペラーとは1960年代末頃から出現した日本最大の暴走族で、故・泉輝雄さんにより作られたグループだそうで、宇梶剛士さんはブラックエンペラーに加入するとすぐに三多摩地区のヘッドになる。

そして宇梶剛士さんは6代目総長の蛯澤賢治さんがいた本部に単身で乗り込んで、総長の座を奪いにいったんだって!

勢いがすごいw

その時は蛯澤賢治さんになだめられて矛を収めたんだけど、1年もせずに宇梶剛士さんの名前は関東圏で知れ渡り、蛯澤賢治さんが引退する際に7代目総長として満場一致で就任。

宇梶剛士さんは6代目総長がいる時に単身で殴りこんで総長の座を奪い取っていたようです。

総長の座を奪い取ろうと思うことが凄いですね。

本当にあったエピソードだったという事になります。

それだけ喧嘩に自身があったという事なのでしょうね。

武勇伝②1人対1000人の戦い→本当だが、20人を倒した後に敵が戦意喪失し逃亡!

宇梶剛士さん武勇伝エピソードで1人で1000人に戦いを挑んだことがあるようですが、真実はどうなのでしょうか。

宇梶剛士さんはブラックエンペラーの7代目名誉総長として200~300人のメンバーを連れて湘南までバイクを走らせていたんだけど、地元の暴走族が集会をしていたようでその数はざっと1000人はいたそうな。

かなり大規模の敵対勢力にビビったメンバーは宇梶剛士さんを残して逃亡しちゃうんだけど、そこで宇梶剛士さんは一人だけ突っ込んで行き、先頭にいた20人余りを一気に蹴散らしてたんだって。

その悪鬼のような宇梶剛士さんの暴れっぷりに1000人もいた敵対勢力は完全に戦意を失って逃げてしまったそう。

宇梶剛士さん1人で相手の先頭メンバーを一気に20人ほど倒したようですね。

先頭って強い人が多いように感じるのですが、想像を超える強さですね。

相手は20人一気に倒されて、1000人もいた人たちが逃げていく様子って見たいと思われる人が多いのではないでしょうか。

普通ではありえないエピソードですね。

武勇伝③日本刀で斬られる→本当

宇梶剛士さんの武勇伝日本刀で斬られる?という噂がありますがどうなのでしょう。

真実なら怖すぎますよね。

宇梶剛士さんは敵対していたグループのヘッドから休戦協定の話し合いの場を設けられ、数人のメンバーを引き連れてその場所に向かったんだけど、ヘッド同士の話し合いでの解決をするという約束のはずが、

話し合いの際に突然敵のメンバーひとりから日本刀で背中を切りつけられ、宇梶剛士さんは大量出血の大怪我をおって、さらにそれを合図として畳み掛けるように複数人が襲い掛かられ宇梶剛士さんは重傷を負って病院に運び込まれてしまう。

宇梶剛士さんはヘッド同士の話し合いだと信じて行けれたのに卑怯なグループもいるんですね。

当然姑息な手段で陥れた敵対グループに怒り心頭の宇梶剛士さんは、回復すると復讐のためにメンバーを集めたが、確実に死人が出ると判断した元総長や支部長らの懸命の説得により抗争には発展せず、敵対グループに詫びとケジメを取らせることで場を収束させた。

日本刀で背中を切られそんな宇梶剛士さんをさらに複数の人数から襲われて重症を負って病院に運ばれる人ってなかなかいません。

元総長や支部長が止めなかったらどんなことになっているか想像すると怖いですね。

止められていなかったら現在の宇梶剛士さんはいなかったかもしれないですよね。

この武勇伝説も凄いですが本当でした。

武勇伝④ヤクザにスカウトされる→本当だが、ヤクザにはならず

宇梶剛士さんの武勇伝では、ヤクザにスカウトされたというのがあるようですが、どうなのでしょうね。

ヤクザにスカウトされるほどケンカが強かったからなのでしょうか。

ブラックエンペラーの総長としてあまりにビッグネームになってしまった宇梶剛士さんの元にヤクザからのスカウトは後を立たなかったんだけど、宇梶剛士さんは暴力が好きで不良をやっているわけではなくむしろ憎んでおり、その暴力の最たる組織であるヤクザを一番毛嫌いしていたため当然断っていたんだって。

宇梶剛士さんは喧嘩は強いけど、暴力組織のヤクザの事は一番嫌っていたようですね。

ヤクザになっていなくて良かったです。

武勇伝⑤教習所で送迎要員を調達→本当

宇梶剛士さんの武勇伝エピソードです。

教習所で送迎要員を調達と何って気になりますね。

宇梶剛士さんは自動車免許を取得するために教習所へ通っていた時のことです。単車で教習所から帰ろうとした時に、宇梶剛士さんのことを知らんかったヤンキー数名にからまれたのだとか。

宇梶剛士さんは無言で単車から降りるなり、その場にいた全員を一瞬でKOしただけでなく、そのヤンキー達が所属するグループのトップのところまで案内させ、ついでにそのトップもボコボコに……

宇梶剛士さんはそのグループのバイクを全て没収し、その後ヤンキー達に連日のように教習所まで送迎させたという伝説です

宇梶剛士さんの事を知らなかったとはいえ、からんでしまったの失敗ですね。

ヤンキーグループのトップまでボコボコにやられてしまったという事です。

そのヤンキーたちに送迎させる宇梶剛士さんの武勇伝エピソードも凄いですね。

宇梶剛士の喧嘩の流儀は喧嘩は勝った者損

宇梶剛士さんには喧嘩の流儀があったようです。

喧嘩は勝った者が損と思っていた宇梶剛士さん。

小学校時代にすでに「喧嘩は勝った者損」を知っており、喧嘩は絶対に売らなかったそう。

正々堂々と挑んでくる相手には手加減をしてあげ、卑怯な相手は完膚なきまで叩き伏せるなど喧嘩の流儀を持ってたんだと。

喧嘩が終わると相手をその場に正座させて説教をして更生させていたほど、暴力は嫌っていたんだね!

小学生の時に既に喧嘩は勝った者が損だとわかっていたようですが、小学生の時から喧嘩をよく売られていたのでしょうかね。

正々堂々と向かってくる相手には手加減してあげていたようで。

卑怯な人がやはり嫌いだったようです。

宇梶剛士さん武勇伝エピソードが嘘と言われているのがどうしてなのか不思議ですよね。

押忍
自分の認識不足だったら申し訳ないと思うのですが、
宇梶君は三多摩・国立エンペラーのアタマで
都内はSM川君とか南台のT中S一君が「会長」では?
(大体、当時の都内のエンペラーでは総長なんて呼ばなかったけど…)

おっしゃる通りです。
しかし宇梶さんがメディアで総長という事でプロモーションをかけているために、エンペラーの歴代総長さん達が同じ仲間として助けていこうと言うことになったので是非宇梶総長としてご理解の上応援していただければと思います。

総長と呼んでいなかったのを宇梶剛士さんが総長という事でプロモーションかけていた為に嘘ではないかと思われたようですね。

ブラックエンペラーの総長でなかったとしても宇梶剛士さんの色々な武勇伝のエピソードは本当であり凄いという事ですね。

宇梶剛士の若い頃を知る人の声→普段優しいが卑怯な奴にキレた時は死ぬほど怖い

宇梶剛士さんの若い頃を知っている人は次のように語られていました。

ブラックエンペラー時代の恐ろしさについては一般人やタレントなど色々な人が語ってるんだけど、ブラックエンペラーで総長をしていた頃にメンバーに属していた元不良の男性は宇梶さんは普段優しいが卑怯な奴にキレた時は死ぬほど怖いと語っている。

宇梶剛士さんは卑怯な事や卑怯な人は許せないんですね。

卑怯な人には死ぬほど怖いんですね。

自分の喧嘩の強さが圧倒的であることを自覚していたため、極力抗争を避けて話し合いで解決するようにしていたというほどの剛力だったみたい!

喧嘩が強い宇梶剛士さんですが、話し合いでの解決をするようにしているってかっこいいですね。

男の中の男って感じがします。

ヒロミやパパイヤスズキもビビる!

宇梶剛士さんの事をタレントのヒロミさんやパパイヤ鈴木さんが次のように語っていました。

タレントのヒロミさんは、若い頃、八王子スペクターという暴走族に入っていましたが、当時すでに宇梶剛士さんの噂は耳に入っていたようです。

僕らがガキだった頃、とんでもなく有名だった人

ヒロミさんが子供だった時でも有名だったんですね。

子供の間でも有名ってどれだけ有名なのかわかりますね。

次はパパイヤ鈴木さんの2015年3月12日に放送されたフジテレビ系「ごきげんよう」で、宇梶剛士さんと共演した時のことです。

パパイヤ鈴木さんは高校時代、宇梶剛士さんの後輩だったのだとか。当時の宇梶剛士さんの恐ろしさが、同じ芸能界で活躍する現在でも蘇るというパパイヤ鈴木さんは、番組がスタートすると宇梶剛士さんに道を譲るかのようなポーズをして登場し、当時の宇梶剛士さんとの関係を語りました。

パパイヤ鈴木さんは宇梶剛士さんの後輩だったようですね。

宇梶剛士さんの怖さが蘇ってくるって相当怖い存在だったんでしょうね。

高校生だった当時、パパイヤ鈴木さんは宇梶剛士さんと目を合わせることすらできず、遠巻きから見ていただけだったのだとか。

もっとも、学校内ではお互いに目立っていた存在だったようで、宇梶剛士さんがパパイヤ鈴木(本名:鈴木寛)さんのことを「ひろし!」と呼んでいたと語ると、パパイヤ鈴木は「先輩、どうも!」と、怖い先輩に目を合わせないようなかしこまったおじぎをを再現。その今も完全にビビった様子は、ネットを中心に話題になったほどでした。

パパイヤ鈴木さんにすると喧嘩の強い宇梶剛士さんに喧嘩を売られてしまわないようにと、ビビっていたようですね。

宇梶剛士は非常にウブな性格で女性は苦手

宇梶剛士さんは非常にウブに性格で女性が苦手だったて言われています。

喧嘩最強で圧倒的な存在だった宇梶剛士さんですが、一方で女性は苦手で近くに来るだけで強ばってしまうほどウブだったんだって一番の驚きだ!

女性が苦手だったことから硬派を気取っていたんだって、かわいいところもあるんやな!

最強に強かった宇梶剛士さんですが、女性が苦手だったんですね。

女性が近づくと強ばってしまう宇梶剛士さんってみたかったと思われる人もいるかもしれませんね。

そんな宇梶剛士さんなので人気もあるんでしょうね。

宇梶剛士はなぜ不良になったのか?

宇梶剛士さんがどうして不良になったんでしょうね。何か不良になる原因があったのでしょうか。

宇梶剛士さんは高校時代190センチの身長と抜群の運動神経を誇っており、幼少期から野球に打ち込んでいたため、将来を有望視されてプロの球団がスカウト見学に来るほどの実力だったそう。

プロの球団がスカウト見学がくるほどに実力者だったんですね。

元々、渡米してメジャーリーガーを目指して渡米する予定だったけど、父親が左遷をされてその道をあきらめざるを得なかったみたい。

しかたなく拓殖大学第一高等学校に進学して野球部に入ったんだけど、そこで待ち受けていたのは先輩部員により過度なシゴキ、そのシゴキに対して同級生部員と一緒に学校側へと抗議をしたんだけど、そっれによって先輩から干されるようになってしまったんだって!

メジャーリーガになる為渡米する予定が父親の左遷の為に諦めなければいけない宇梶剛士さん辛かったでしょうね。

高校に進学して野球部に入ると先輩のあまりに酷いシゴキに学校に抗議すると先輩に干されてしまったようです。

そのせいで1年間野球もできず、その怒りは沸点へと達してしまい、先輩部員を暴力でねじ伏せるんだけど、この傷害事件が元で拓殖大学第一高等学校野球部は1年間の試合出場停止の処分を受け、宇梶剛士さんは少年鑑別所に入所させられてしまうんだ。

干されてしまってそのままではないのではと思った人も多いのではないでしょぅか。

卑怯な事が嫌いな宇梶剛士さんだったので爆発してしまったんですね。

その事で宇梶剛士さんは少年鑑別所に入所させられてしまったんです。

先輩と喧嘩しただけでは少年鑑別所には入所させられないとは思うので周りが止めたとしても止められないほどに…ぼこぼこに先輩たちの事をしてしまったんでしょうね。

毎日のシゴキにより暴力に対する耐性がついたことが後に高校を中退して不良の道へ進むきっかけにもなってしまったんだよね!

きっかけは高校に行って野球部の先輩たちの卑怯な事から始まったと言えるのかもしれませんね。

自分は間違っていないのに、なぜ自分は少年鑑別所に入れられなければいけないのかと思ったのかもしれません。

鑑別所の出所後2つ目の高校へと編入し、そこでも野球部に入部するんだけど、トラブルを起こしてしまいボールが触れなくなったことをきっかけに、野球を続けることをあきらめてしまうんだよね!

そして、高校を中退。

叔父の元へ行って仕事の手伝いをしながら働いていたみたいだけど、嫌気がさしてしまい、尊雄タイミングで東京家庭裁判所からの呼び出しを受けて東京に戻ることに。

宇梶剛士さんは自分の好きな野球を諦めてしまい高校も中退してしまいました。

おじさんのとこで仕事はしてみたけど嫌気がさしてしまったんですね。

荒れて燻っている気持ちはあり、それをぶつけるために日本最大で関東圏の暴走族ブラックエンペラーに入ることに。

叔父さんのところから東京に戻ってイライラしている時にブラックエンペラーに入るきっかけになったようです。

行き場のない気持ちをぶつけるのには、不良になるしかその時はなかったのかもしれないですね。

宇梶剛士さんは若い時に色々とやんちゃもしていた時期もありますが、現在は二人のお子さんもいます。

これからも宇梶剛士さんには俳優として活躍していってもらいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.