マネーの虎の社長のその後の現在について一覧!破産や倒産で無能が明白に!

Pocket

マネーの虎とは2001年10月~2004年3月まで日本テレビで放送されていたリアリティ番組です。

一般人でもある起業家が事業計画をプレゼンテーションして、投資家の審査員から出資するか否かを決めるというルールでした。

この記事ではそのマネーの虎に出演した社長たちの現在について迫っていきます!

目次

マネーの虎の社長のその後の現在について一覧!破産や倒産で無能が明白になった社長から見事復活を遂げた孟者までいた

マネーの虎と聞いてもピン!とこない方もいらっしゃるかと思います。

2001年~2004年に放送されていたと言っても、もう15年前のことになります。

また、初めは深夜番組でしたから、人気がある裏側で知らない人も多くいたかもしれません。

まず、マネーの虎という番組とそのルールをご紹介します。

「マネーの虎」は2001年から日本テレビ系列で放送された番組で、放送開始当初は深夜枠でしたが、2002年からはゴールデン枠に移行しました。

アイデアはあるけれどお金はない”そんな志願者を集めて、“マネーの虎”と呼ばれる剛腕経営者たちの前でプレゼンテーションをさせ、その場で投資するか否かを決定するというリアルさが人気を呼びます。

プレゼン次第では夢が叶うというコンセプトでした。

もちろん投資は虎たちそれぞれの自己資金ですので、彼らの審査は辛辣極まりありません。彼らの経験と実績に裏打ちされた異常なまでの上から目線で、志願者の事業プランが少しでも薄っぺらかったり、穴を見つけたりすると、徹底的にこき下ろされます。

時には、志願者の人間性をも全否定するような激しいコメントもあり、そんなプレゼンの白熱っぷりが当時大変な話題になりました。

見ていて志願者をついつい応援してしまう部分がありました。

また、投資家たちの辛口コメントが見物だったと言ってもいいでしょう。

志願者はプレゼンに当たって、まず投資の希望金額を表明します。プレゼンの結果、虎たちの出資額の合計が、この希望金額に到達すれば“マネー成立”となり、志願者は虎たちからの投資を受けることができます。

逆に、虎たちの出資額の合計が、志願者の希望金額に1円でも足りなければ、マネー不成立となり、一切の出資金を受け取れないことを意味する“ノーマネーでフィニッシュ”が告げられることになります。

このマネーの虎の司会者は俳優の吉田栄作さんでした。

番組の最期に「マネー成立」「ノーマネーでフィニッシュ」とコールするのが定番で、このコールがマネーの虎の象徴でした。

では当時投資家として君臨していた社長方は今はどのようのなっているのでしょうか?

ラーメン店経営の川原浩史→全店舗閉店後、異色な肩書きのタレントへ

「なんでんかんでん」というラーメン店の名前、聞いたことありませんか?

一時期ブームとなったラーメン店でした。

東京に豚骨ラーメンを根付かせ、ラーメンブームを引き起こした人気ラーメン店、『 なんでんかんでん 』 を経営していた株式会社なんでんかんでんフーズ代表取締役社長

豚骨ラーメン特有の特に固い麺を表す 『 粉落とし ( こなおとし ) 』 は 、 川原が命名したとかしないとか 。

当時は「なんでんかんでん」ラーメンを食べるために、お店の近くに路駐をする車が多発して警察沙汰にもなりました。

26年間営業していたお店でありましたが、2012年11月5日に閉店しました。

直営店・フランチャイズ店もありましたが、2015年までに全店舗が閉店しました。

では、閉店後、川原浩史さんはどうしたのでしょうか?

閉店後は 2 0 1 3 年新店舗をオープンさせるとしていたが頓挫。   2 0 1 6 年も同様。2017年には川原の個人的な付き合いのある店舗のメニューの一つとしてラーメンを販売しているようです 。

2 0 1 8 年現在のプロフィールでは、歌手・タレント・俳優・催眠術師となっており 、 個人事務所 『 オフィスありがとうございます 』 ・ 2 0 1 7 年からはカロスエンターテイメントとも業務提携をして活動中 。

ただでは死なない、異色の経歴を作りました。

リサイクルチェーン店経営の堀之内丸一郎→倒産

もともとホームレスだった堀之内丸一郎さんは、そこから成り上がりで年商120億円稼ぐ社長になりました。

最盛期には、リサイクルチェーン店の倉庫生活館を全国に 2 0 0 店舗展開。

ですが、その勢いは急速に下降していきました。

2 0 1 3 年 5 月に手形不渡りにより経営破綻。負債額は 1 5 億円 。       店舗は(株)リハンズに営業譲渡 。

2 0 1 4 年 1 2 月発行のフライデーの取材は拒否 。 『 そっとしておいて欲しい 』 とのこと 。

素人が急に成功すると、やはり失敗してしまうのか?と思った記憶があります。

美空ひばりの息子の加藤和也→美空ひばりの権利関係事業を継続

個人的に一番覚えているのがこの加藤和也さんです。

莫大な遺産を残した美空ひばりさんのお金を、こんなことで使っていいのか!?と思っていたからです。

加藤和也さんは当時、

(株)ひばりプロダクション・代表取締役社長

藤和エンタープライズ・代表取締役社長

という肩書きがありました。

では現在はどうしているのか?

2018年現在も『美空ひばり』の権利関係事業を中心に活動中。2006年には負債が膨らんでいた『嵐山ひばり座(別人物が設立)』を買い取るもその後閉館。京都に『太秦 美空ひばり座』として再オープンしている。

なんだかんだ美空ひばりブランドを死守しているようで安心しました。

SODの社長高橋雅也→SOD辞任後、農業参入も赤字

高橋雅也さんは”タカハシガナリ”さんと読みます。

テリー伊藤さんの下でADをしていたという経歴があり、当時はアダルトビデオメーカー『ソフトオンデマンド(株)』の代表取締役社長でした。

同氏の資金提供による2会社を潰し借金を抱えるも、3社目で大成功。10年で100億円企業にまで成長させた。

アダルトビデオ界に焦点をあてたところが成功の秘訣だったのだと思います。

では、現在はどうされているのでしょうか?

アダルトビデオ業界においてトップに上り詰めた後、2005年に新たな挑戦をするべく、『ソフトオンデマンド(株)』の代表を辞任。

2006年に国立ファームのブランドで農業に参入(飲食店『野菜の台所』も系列店)も、農業はビジネスとしては赤字らしい。

同じく出資者として『マネーの虎』に出演していた『貞廣 一鑑』氏が代表を務める(株)商業藝術の飲食店舗にも野菜を提供している様子。

『関わったっ全員が得しないと商売じゃないんだよ!』とは、国立ファーム代表としての挨拶。

高橋雅也さんに関しては先見の明があるのでは?と勝手に思っていましたが、アダルトビデオ業界から農業への転身は華麗でした。

自動車輸入販売業経営の南原竜樹→英国MGローバーの経営破綻の影響を受けホームレス経験も見事復活!

南原竜樹さんはやり手社長というイメージがありました。

当時は自動車輸入販売業のオートトレーディングルフトジャパン(株)の代表取締役社長でした。

大学在学中のヨーロッパ旅行がきっかけで並行輸入販売を事業として起業。

『冷徹なる虎』と呼ばれていた。

確かに冷たく辛辣でした。

ですが、一回気に入られるととことん応援して下さる方だった印象があります。

南原竜樹さんは現在どうされているのでしょうか?

2005年に英国MGローバーが経営破綻。当時、日本における正規輸入・販売者としてMGローバー日本を発足させていた為大量の売れない在庫を抱えることになり、一時は負債50億円。そしてホームレスまで経験した。

調子に乗っているといきなり底辺まで突き落とされるいい例です。

ですが、南原竜樹さんはそれくらいで凹んだりする人物ではなかったのです。

その後は人材派遣業・書籍等の出版・レンタカー事業等で成功し見事復活を遂げた。借金も全額返済し、現在はワインや寿司ビジネスを拡大中。

その他『帰ってきた元マネーの虎たち』をYouTubeで配信。

川原 氏・安田 氏と共に『南原ビジネスアカデミー(NBA)虎道場』を発足し、南原 氏が塾長を務める。

(株)LUFTホールディングスの代表取締役として、すでに6社の経営者にまで大復活中!!

成功した時のノウハウを上手く生かしている方だと思います。

しくじり先生にも出演!

南原竜樹さんは「しくじり先生」に出演し、その失敗を赤裸々に語りました。

南原竜樹社長が話してくれたしくじり行動は、部下との接し方でした。部下との接し方がとてもまずかったので、ローバーが倒産した後に、助けてくれた社員が263名中4名しかいなかったそうです。

どうしてそんな事態に陥ってしまったのか?

それには南原竜樹社長のこんな驕りがあったからでした。

南原竜樹社長は、働いている社員の事を「働いてもらってるのではなくて、はたらかせてやってる」と思っていたとはなされました。さらに、「社員は私の思い通りに動く駒」「24365部隊(24時間365日働けという意味)」と呼んでいたんだと話されました。そこで、南原竜樹社長がとったしくじり行動ベスト3は

・部下を絶対に褒めない

・部下の意見は間違いだと決めつける

・部下のプライベートを無視して出張命令を出す

いわゆるワンマン社長で部下のことなど人間だと思っていなかったのです。

これじゃあ、誰も付いて行こうなどと思いません。

では、何故部下達はそんな状況でも辞めずにいたのでしょうか?

ただ、当時、年商100億円だったので、部下は何も言えなかったそうです。その時の南原竜樹社長の具体的な行動は、デパートの袋に1億円を入れて持ち歩いていたり、イギリスのブレア首相と食事をされてたそうです。

女王陛下にも招待された事もあったそうです。当時、イギリスの車の輸入販売で巨額の金額を扱っていたので、イギリスにとって、VVIP(ベリーVIP)だったそうです。なので、イケイケドンドンの社長で、社員もついていったようです。

社長からの圧力がすごくてもその反面でいい想いが出来たから、といったところでしょうか。

ですが、そんな薄っぺらい人間関係は長く続きませんよね。

学習塾の経営の岩井良明→会長に就任し益々活躍

岩井良明さんは当時こんな肩書きで活動していました。

愛知県で学習塾を展開する(株)モノリスの代表取締役社長

(株)リクルートホールディングス出身

そして、現在、益々活躍中です。

2007年に(株)モノリスの社長を退任し、会長に就任。

同時に、(株)MONOLITH Japanの代表取締役社長に就任。

なお、『南原ビジネスアカデミー』の講師としても活躍中。

塾の講師はつぶしが利くとはよく聞きます。

名古屋の高級住宅地に複数のビルや飲食店を経営の女社長吉川幸枝→一時は食中毒で負債20億を抱え倒産危機があったが見事借金完済!

マネーの虎でもその身に着ける宝石にばかり目が行っていた女社長の吉川幸枝さん。

「歩く100億円」とも呼ばれていました。

ホームレス同然の幼少期を経て、名古屋の高級住宅地に複数のビルや飲食店を所有。

ハングリー精神がここまでの成功を導いたのでしょうか。

他のテレビ番組にもよく出演していらっしゃいましたが、現在はどうされているのでしょうか?

2 0 0 7 年に自身が経営する店舗で食中毒が発生 。 それにより売り上げが激減 。 一時は負債 2 0 億円まで膨れるが 、 およそ 3 年間で顧客の信頼を取り戻し借金も完済 。

『 今日までの全てはどうでもいいのよ ! 〜 このページから素敵なあなたが始まる 〜 』 は 、 自身が経営する(株)よし川の公式サイトでの言葉 。

負の境遇を経験してきた人間は、ちょっとの失敗で諦めたりしないのでしょう。

飲食店経営の安田久→破産後セミナー講師へ

安田久さんの肩書きはこのようなものでした。

マスコミでも取り上げられ有名な監獄レストラン・アルカトラズを経営していた(株)エイチワイジャパンの元代表取締役 。

当時も今も飲食店がマスコミで紹介されると、一気にお客様の流れが変わるのでしょうね。

そんな安田久さんの飲食店はこんな状況になってしまいました。

2 0 0 3 年に、同じく 『 虎 』 として出演していた 『 加藤 和也 氏 』 の経営する 『 (株)ひばりプロダクション 』 とのコラボレーションにより 『 ひばりカフェ 』 をプロデュースも 、 その後は各店舗の売り上げも減少していき、  2 0 1 1 年には自身が代表を務める 『 (株)エイチワイジャパン 』          『 (株)エイチワイシステム 』が 、 共に負債を抱え破産 。

(株)エイチワイシステムの負債総額 3 億 6 0 0 0 万円

(株)エイチワイジャパンの負債総額 2 億 5 0 0 0 万円

多額の負債を背負いながらも、現在はこのような活動を行っています。

現在は(株)外食虎塾の代表取締役として外食関係の講演会や飲食店開業志望者向けのセミナー等を行なっている 。

『 南原 竜樹 氏 』の主催する『南原ビジネスアカデミー(NBA)でも手腕を奮っている 。

マネーの虎に出演していた投資家社長方とは、色んな形で繋がっていたようです。

飲食店経営の小林敬→食のテーマパークが8ヶ月で破綻し事後破産!その後飲食店支援コンサルタントとして活躍

小林敬さんは「(株)小林事務所」代表取締役社長として手腕を発揮していました。

あべの辻調理師学校を卒業し、フランス料理店に勤務後(株)小林事務所を設立「新和風料理 庵」など数々の飲食店を全国に展開していた。

「親和風料理 庵」はどこででもよく見かけた記憶があります。

現在はどうなっているのでしょう?

2005年に長崎のオランダ村跡地に『食』のテーマパーク『キャスビレッジ』を展開も、過剰な設備投資がたたり8ヶ月で破綻。

個人としても約20億円の負債を背負い自己破産。

その後は飲食系の企業に役員として就任するも、辞任。自ら京都にイタリアンレストランを2店舗オープンさせるも1店舗は半年で撤退。

2013年にはテンポスバスターズの取締役に就任するも、これまた翌年には辞任。

何だか負のループに巻き込まれてしまったような転落ぶりです。

ですが、2016年から巻き返していきます。

2016年に(株)B-Power Solutionsで飲食店支援コンサルタント業務を開始。

2017年7月からは『小林 敬 氏』が直接指導する

飲食店支援講座『独立編』・『居酒屋立て直し編』

さらに2016年には(株)B-Power Slutionsで飲食店支援コンサルサント業務を開始。2017年7月からは小林敬氏が直接指導による飲食店支援講座「独立編」「居酒屋建て直し編」がスタート。

自身の失敗をビジネスにつなげるとはアッパレです。

小林敬さんの近況がコチラ。

和風創作料理の火付け役で、「マネーの虎」出演でも有名な小林敬氏が再び外食シーンにカムバックした。新たなチャレンジは、長年構想してきた共同仕入ネットワーク。そのアンテナショップ創作バイキングレストラン「京風創作おかずの楽しい食卓 樂’s KITCHEN(ラクズキッチン)」を10月27日にオープンした。

今度はバイキングレストランの経営に乗り出したようです。

カフェや和食・ハウスウェディング・ヘアサロン事業経営の貞廣一鑑→事業拡大し益々活躍

貞廣一鑑さんは手広く事業を展開していました。

『(株)ラヴ』代表取締役社長

カフェや和食・ハウスウェディング・ヘアサロン事業等を手がける。

20歳の時に親から1億円出資してもらいディスコをオープンさせ起業。

元カリスマDJ

カリスマDJというのが気になりますが、その頃から人を惹きつけるような、成功への道のりを思案するようなオーラがあったのだと思います。

そんな貞廣一鑑さんのその後は順調に進みました。

2006年6月に『(株)ラヴ』から『Jellyfish.(株)』へ社名変更。更に2012年8月に『(株)商業藝術』へ社名変更。

その後会社は拡大。2014年9月期には売上高61億円、社員267名に。

2016年1月には全国に69店舗を展開。

2017年に『(株)ダイヤモンドダイニング』の傘下に入るも、貞廣 氏は引き続き『(株)商業藝術』の社長として奮闘中。

まだお若い年齢に入る経営者なのに、強気の姿勢が功をなしたのでしょうか。

ピーチジョンの女社長の野口美佳→業績不振により降格後、退社

「ピーチジョン」と聞けば女性の方なら一度は聞いたことがあるかと思います。

野口美佳さんは下着の通信販売会社『(株)ピーチジョン』の代表取締役社長を務めていました。

その後は上がったり、下がったりの経営となりました。

2006年5月期には年商173億円の売り上げ規模に。また、全国に16の直営店を展開。

2008年1月には自身が保有していたピーチジョンの株式(同社発行済株式の51%)を、布陣下着最大手の『ワコールホールディングス』の株式(当時の株価で約87億円)と株式交換。これによって『ワコールホールディングス』の発行済株式の約4.6%を保有し、同社4位の大株主となった。

『ワコールホールディングス』は2011年5月、『ピーチジョン」の創業者である『野口 美佳 氏』を降格する方針を発表した。業績不振が理由で、その後は取締役として商品企画等に専念することになったという。

2015年6月22日に、自身のツイッターでピーチジョンを退社したと発表した。

野口美佳さん自身が立ち上げた会社だったのに、時代の流れは恐ろしいです。

ノシアス理想郷代表上野健一→負債抱え逃亡か

好調だったノアシス理想郷の社長でしたが、とんでもない状況に陥っているようです。

2010年8月期の売上高は72億円だった上野健一社長。

2013年ZKRが民事再生法適用で破綻し、グループでの負債総額はなんと200億円以上に。

また未払いが確定となった高金利利回りのZKR預託金を巡り、債権者からは怒りの声も出ているとか。

とんだ結末となりました。

銀座女社長の臼井由妃→多方面で活躍中

マネーの虎では「銀座女社長」という肩書きで出演していました。

負債3億円を抱えていたにもかかわらず、病気になった夫の代わりに33歳で経営者へと転身した女社長でした。

現在は、起業プランナーや経営コンサルタント、発明家、エッセイストなど多方面で活躍中。

本人的には、もう『マネーの虎』のイメージは切り離したいとか。

もともと経営の才能があったのでしょうね。

見事な転身ぶりだと思います。

大阪王将の社長の文野直樹→現在は会長

「王将」と言えば言わずもがな「餃子の王将」ですよね。

その「王将」の社長こそが文野直樹さんという人物です。

父親が経営していた「大阪王将」などを引き継ぐ(株)イートアンドの代表取締役。現在は東証一部上場までになり、2016年3月期の売上高は230億円。

2代目でありながらその経営を悪化させることなく、逆に益々成功させています。

餃子専門店から、フルメニュー装備に変更し、駅前からロードサイドへ移行。

これにより、今まで「大阪王将」に来たくても来られなかったファミリーやカップルもそれらの店に訪れるようになりました。

また、「フランチャイズ」に「のれん分け制度」の良さを組み込むことにより、大阪王将独自の「のれんチャイズ」もスタートさせます。

その後、この「のれんチャイズ」だけでも、年30店舗のペースで出店が続いています。

2017年3月22日、32年間、現役職に従事してきた文野直樹社長は、代表取締役会長になりました。

飲食店経営の女社長尾崎友俐→現在はホールディングスの社長

美人女社長としても注目されていた尾崎友俐さんは、女性なら憧れる要素をたくさんお持ちでした。

(株)オリエンタルの代表取締役。世界一周バックパック旅行などから帰国後、180万円を元手に焼き肉店を開業し、エジプトビールやワインを輸入。飲食店を次々と立ち上げ一時は直営店舗12店までに。「女性起業塾」も開校。

女性でもここまで出来るんだ!ということを証明したような女性でした。

現在はどのような活動を行っているのでしょうか。

2003年直営店舗は全て売却。女性起業塾はトレンダーズに継承。最近は那覇市在住で(株)琉球オリエンタルの社長として、集客・プロモーションプロデューサーとして自衛隊合コンなどを企画したり、沖縄に焼肉店などを開業している様子。南原ビジネスアカデミー講師。

プロデューサーとしての手腕も発揮しているようです。

新古書店経営の樋口道也→現在も社長

今では古本屋事業は拡大していますが、新古書店として「ほんだらけ」をオープンしたのは樋口道也さんでした。

「ほんだらけ」は国内外に30店舗運営していました。

現在はどうなっているのでしょうか?

2014年7月本社を長崎県佐世保に移転。2015年12月現在の店舗数は16店舗。(国内15、オーストラリア1)

市場と時代に乗ったという感じですね。

大手外資企業として初めての女社長レイコ・B・リスター→現在も継続中

当時、外資系企業で初の女性社長となったレイコ・B・リスターさん。

45歳のときに美容業界でブランドを築きたいと考え、化粧品の専門商社を立ち上げ、年商25億円の企業にまで成長させています。

起業するのに年齢は関係ないことを証明させて下さった方です。

マネーの虎の社長たちの喧嘩に対して堀之内社長が衝撃発言で降板も囁かれた

マネーの虎では社長たちの言い争いも見物の一つでした。

成り上がりだろうと2世だろうとトップに上り詰めて、たくさんの部下を持つ社長さん方は、やはり個性が強くプライドも高いでしょうから、当たり前の現象でした。

堀之内丸一郎さんが収録終了後に他の虎たちに対し、「『志願者と虎の言い争い』はあっても良いが、『虎同士の言い争い』は止めるべきだと」発言し、降板するとまで言った。その様子はテレビでは放送されず、番組ホームページのシークレットページで公開された。

実際様々な部分で問題が多かった番組でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.