峰岸みなみは歯列矯正で歯並びが綺麗に!どこの歯医者で矯正したの?

Pocket

今回紹介させていただく人は、アイドルグループ・AKB48のメンバー・峯岸みなみさんです。

1992年11月15日生まれ、2018年現在26歳の峯岸みなみさん。

たれ目などの可愛さでガチャピンに似ているので『ガチャピン』って呼ばれることもあります。

そんな峯岸みなみさんの気になる歯についてまとめてみました。

峯岸みなみの歯列矯正前の歯並びは?→前歯2本が「チャームポイント」のビーバー歯

矯正される前の画像です。

峯岸みなみさんのチャームポイントは2本のビーバー歯ってイメージがありますよね。

上の歯ですが、中央2本の前歯はサイズが大きく前に出ているのが特徴的です。

側切歯(前歯の左右の歯)が内側にあるので余計に出ているように見えます。

前歯が大きいのが峯岸みなみさんの特徴でもあるのに、矯正された峯岸みなみさんの歯がどうなっているのか気になります。

峯岸みなみが歯列矯正開始1年で歯並びが見違えるほど綺麗に!お世話になった歯医者はアニバーサリーデンタルギンザの柴山先生

峯岸みなみさんが歯列矯正開始してから1年間で整形したのではと思われるほどきれいになったとも言われています。

お世話になった先生はどんな先生なのでしょうか。

先生と峯岸みなみさんと載っているtwitterがありました。

この度、歯列矯正はじめました。

アニバーサリーデンタルギンザの柴山先生にお世話になっております。

装置のセットがめちゃくちゃ早い!

そして私は運がいいことに思ったより痛くない!

最初は少し喋りづらいけど、口を開けてもほとんど目立ちません。

綺麗な歯並び楽しみだ~

ガチャピンと呼ばれるほどの印象の前歯の特徴が無くなってしまう峯岸みなみさんってどんな感じになったのでしょうね。

矯正後2か月後の画像です。

前回から1ヶ月経ったので矯正器具を締めに行ったらやっぱり少し痛い…噛むのが痛いからあんまり固形物を食べられない、痩せるチャーンス!と思いきや、八天堂のクリームパン食べやすすぎて

可愛い前歯が無くなってますね。

普通になっちゃってます・・・。

矯正器具締めに行くと痛い観たいですが、どれほどの痛みなのか気になります。。

固形の物食べれないほど痛いんですね。

ダイエットしたい人はチャンスかもしれませんね。

矯正後3か月後の画像です。

矯正を始めて、もうすぐ3ヶ月。
歯が並んできたぞ〜〜
一際出てた前歯にひとまず全ての歯を揃えて、次からはそれらを引っ込めていく作業らしい!よくわかんないけどワクワクする!柴山先生に会うのも月一の楽しみ\( ˆoˆ )/にしても、山邊歩夢ちゃん可愛いなぁ。

矯正始めてから3か月の峯岸みなみさんです。

矯正されてから少しやせられたのか綺麗になった感じがしますね。

歯列矯正から半年後の画像です。

神宮前フェイスデンタルサロンに月1回の矯正の調整行って来た!

(韻踏んでる笑)まだ半年ですが、メキメキと変化が見えて嬉しい。

これからあと少しだけ前歯を引っ込めていきます。

柴山先生の施術はとにかくスピーディーで痛くない。

始めるのは早いに越したことないと改めて思う今日この頃。

峯岸みなみさんの前歯好きっていう人も多かったと思います。

大きな2本の前歯が好きだったファンの人にとっては少し寂しいのかなって思ってしまいました。

矯正開始から1年の画像です。

歯並びとてもきれいになってますね。

歯が特徴だった峯岸みなみさんなので今までと印象が変わった感じがします。

矯正されてから歯を見せている画像が増えた感じがします。

峯岸みなみの歯が治ったのはセラミックではなく裏側矯正!

峯岸みなみさんの歯が治ったのは、セラミックではなく裏側矯正です。

セラミックの事を少し説明しますね。

セラミックとは、歯の治療をした際に歯にかぶせる被せもののことです。

虫歯の治療を行った後、治療した歯が銀歯になった経験がある人も多いと思いますが、その銀歯がより本来の歯に近い形になったものだと想像するとわかりやすいかも知れません。

セラミックでは、本物の歯と見分けがつかないほどの仕上がりになります。

セラミックという素材は、もともと焼き物に使われているものでそれを歯に応用してきれいな見た目の歯科治療を実現させました。

セラミックを歯にかぶせると本物の歯と見分けがつかないほどに綺麗に仕上がるのは良いですね。

セラミックを歯にかぶせると、これほどきれいになるようです。

ただセラミックが良いとばかりも言えない事もあります。

割れやすい
歯を削る量が多い
費用の負担が大きい

費用が高い割には割れやすいとかは嫌だと思う人が多いようにも感じますね。。

峯岸みなみさんのやられたと思う裏側矯正も何なのか気になりますね。

前から見ると強制されているのがあまりわからないのは良いですよね。

マルチブラケット装置を舌側(歯の裏側)に装着して、歯をならべる矯正治療です。

外側に装置が見えないのが最大のメリットです。

奥歯で見えない部分は一部外側に装置を付ける場合もあります。

上の歯だけ舌側矯正治療を行い、下の歯は外側につける方法もあります。

下の歯は、装置がついていてもそれほど目立たないことと、上下とも舌側矯正よりも治療費が安く済むことが特徴です。

芸能人の人や人前に出るお仕事でなければ費用が少し安い方でもいいかもしれませんね。

峯岸みなみさんが裏側矯正ではないかと言われる理由は次のようです。

峯岸さんが行なっている治療プランは「裏側矯正(インコグニート)」というもの。

歯の裏側に矯正器具をつけるため、正面から見ても矯正していることがわかりません。

器具が見えるのが恥ずかしいという方や、芸能人のように仕事柄器具が見えない方がいいという方にはぴったりのプランです。

その分、治療価格は普通の矯正の倍程度します。

峯岸みなみさんが矯正をされたばかりの時の画像を見られても器具が見えませんでしたよね。

その部分を見ても裏側矯正なのではないかと言えます。

普通の矯正よりも、値段も倍かかっているようですね。

歯の矯正されて歯もきれいになり、見かけもきれいなられた峯岸みなみさんには、これからも芸能界で活躍していってもらいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.