大橋未歩と城石憲之の離婚理由は?再婚相手のディレクターの写真はあるの?

Pocket

大橋未歩さんは元テレビ東京のアナウンサー。

2002年にテレビ東京に入社。

2013年に軽度の脳梗塞と診断され、約7か月半療養。

2017年12月4日にテレビ東京を退社。

この間に結婚、離婚、再婚を経験しました。

そんな大橋未歩さんの離婚及び再婚について迫っていきます!

大橋未歩と離婚した元旦那城石憲之の馴れ初めや結婚~子供について

大橋未歩さんは2007年の元旦に、当時ヤクルトスワローズの選手だった城石憲之さんと結婚しています。

アナウンサーと野球選手の結婚は今や定番となっていますが、大橋未歩さんと城石憲之さんの結婚秘話をご紹介します。

馴れ初めは?

アナウンサーと野球選手の出会いの場所はだいたい決まっていますが、大橋未歩さんと城石憲之さんもベタな出会いだったようです。

当時入社1年目ながらもスポーツ情報番組を担当していた大橋アナは球場に通うことも多く、当時ヤクルトスワローズ選手だった城石さんより投手コーチを介してアプローチを受けたことがきっかけだったようです。

最初大橋さんは「知らない選手」との理由で断ったそうですが、その翌年に当時同じくスワローズに所属していた古田敦也さんに勧められたことから、交際がスタートしています。

アナウンサーと野球選手の場合、結構、野球選手の方が積極的にアプローチすることが多いです。

それだけ、野球選手も出会いが女性アナウンサーしかなく、このチャンスを逃したら…と必死なのかもしれません。

子供はいるの?

そうしてゴールインした大橋未歩さんと城石憲之さんですが、残念ながらお子様には恵まれなかったようです。

「大橋アナはずっと子供を欲しがっていました。不妊治療をしていて、局の幹部に子作りに専念するため、退社を考えていると相談したこともあったそうです。城石さんは仕事で家を留守にすることが多かったのでその辺りですれ違ってしまったのでしょうか‥‥」

不妊治療は圧倒的に女性側の負担も大きいですし、長期戦になればメンタルもやられてしまうデリケートな治療です。

それでも子供が欲しいというのは、多くの不妊治療をしている女性の共通の願いなのでしょう。

大橋未歩の脳梗塞の際に元旦那城石憲之が献身的に看病し復帰できるまでに!

大橋未歩さんは2013年1月に軽度の脳梗塞を発症し、約7ヶ月間療養していました。

テレビ東京は18日、同局の大橋未歩アナウンサー(34)が、軽度の脳梗塞と診断されたことを発表した。しばらく病気療養に入る。同局によると、大橋アナは今月上旬に自宅で発症し、自分で病院を訪れ、入院した。すでに退院しており、自宅で療養中。同局を通じ「まさか自分がと驚きました」と突然の病に驚いた胸中を明かした。

脳梗塞とは年配の方に起こるものだと勝手に思っていましたが、大橋未歩さんは当時34歳という若さでした。

それを若年性脳梗塞と言うそうです。

若年性脳梗塞の場合は、血管や心臓、免疫系の病気といったほかの疾患が要因となることが多く、たとえば、心臓の左右の心房に孔があり(卵円孔開存)、血液が漏れ血栓ができるなど、心臓や動脈に何等かの構造的な異常があり起こる「奇異性塞栓症」や、脳底部に通常ではみられない細くもろい血管ができる「もやもや病」などがあります。

他にも高血圧や肥満のある人や、血管の病気や不整脈のある人、またむちうちや頭を打ったりなど、外傷的な要因で起こる場合もあると言います。

また、睡眠不足やストレスなど生活習慣が要因の場合や、女性の場合は稀に経口避妊薬の使用が要因となることもあるようです。

いつどんな病気が襲ってくるか分かりません。

意外と健康に気を付けている人ほど落とし穴が待っている気がします。

脳梗塞には「FAST」というものがあるそうで…

大事なのは『FAST』。FACE(顔)、ARMS(腕)、SPEECH(話し方)に変異が表れ、TIME(時間)との勝負になるという――。

大橋未歩さんの場合は、この「FAST」があまりにも自分の症状と合っていることに驚いたと言います。

大橋未歩と城石憲之が離婚!1年経たず11歳年下ディレクターと再婚!

試練を乗り越えながらも支え合ったきた大橋未歩さんと城石憲之さんご夫妻ですが、2015年、離婚してしまいます。

大橋未歩さんは離婚と同時に、なんと再婚を発表したのです!

年明け4日、テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが現北海道日本ハムファイターズの城石憲之コーチとの離婚を発表。ふたりは2007年に結婚していた。

さらに別の男性と再婚したことを発表し、周囲を驚かせた。ベッキー不倫騒動の影に隠れる形にはなっているものの、大橋アナについても「不倫していたのではないか」「再婚早すぎ」と批判の声が挙がっている。

大橋未歩さんは城石憲之さんと離婚を発表してから、わずか半年後に再婚しているのです。

これは、同じ女性としても賛同は出来ません。

ですが、やはり再婚についても興味はあります。

例えばプロポーズの言葉は何だったのでしょうか?

大橋未歩さんが「行列のできる法律相談所」に出演した時、プロポーズについてこう告白していました。

「でも、ご主人からプロポーズされたんでしょ」「好きだ、愛してるはあったでしょ?」とさんまや東野幸治らから矢継ぎ早に質問された大橋が、「『人生で一番すてきな結婚という契約をしてみたい』と言われた」とプロポーズの言葉を明かすと、さんまは「えっ、何?」と不機嫌そうな顔でスタジオのセットを蹴り上げ「結婚してくれでええやないか!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

再婚相手が11歳年下ということで、大橋未歩さんは「おばちゃん、母ちゃんと呼ばれている」という事も明かしましたが、いくら年下でもそんな呼ばれ方されたら自分は嫌ですけどね。。。

大橋未歩と城石憲之の離婚理由は不倫?

個人的にも世間的にも、大橋未歩さんと城石憲之さんの離婚理由というのが知りたいと思っている人はたくさんいると思います。

世間的から大橋未歩さんは大ブーイングされるハメになりました。

「2013年1月、大橋アナは軽度の脳梗塞と診断され、同年9月の復帰まで彼女を支え続けたのは、夫である城石。世間的にはそんな城石を『捨てた』という認識が拡がっており、『どう見ても不倫してたんだね』『苦しい時を支えた夫を、すれ違いだけで捨てるのか』と大バッシングの嵐です。中には『妊娠したから焦ったんだな』と勘ぐるコメントも出る始末。彼女の好感度は、急降下したに違いありません」

大橋未歩さんもある程度は覚悟の上での再婚だったと思いますが、想像以上にバッシングを受けたのではないでしょうか。

ただ、世間の多くの声には「不倫していたのでは?」という声が多かったのも事実です。

現在の夫と再婚したこと、15年春に城石と離婚していたことを16年1月に同時発表した大橋ですが、離婚から再婚までの期間が短すぎたため、世間には不貞愛の疑惑も広がりました。

また、今回のことで大橋未歩さんは過去の発言も掘り起こされ、実は肉食女子であったことも暴露されていました。

かつて深夜番組「極嬢ヂカラ」で「バックが好き」「夫の好みで下の毛は天然のまま」など、ハードな下ネタを平気で披露していた大橋アナ。また、元夫との結婚前には、球場取材時の服装が「大胆すぎて、選手たちの気が散る」と球団から局にクレームを入れられたというエピソードもあるほど、“肉食伝説”の種まきには事欠かなかった。

まあ、アナウンサーになろうとするほとんどの女性は、顕示欲が強く、目立ちたがり屋で、肉食の人が多いと思いますが。

大橋未歩さんも再婚相手の年下ディレクターには、自分から口説いたのではないかと思われても仕方ないと思います。

大バッシングの嵐の中でも、大橋未歩さんは離婚理由を一切語っていません。

それにはこんな配慮がありました。

また、「波瀾爆笑」で離婚について語らなかったことを読者から指摘され、その理由についても言及。「最初の結婚についてはお相手の方も新たな人生を歩んでいらっしゃるかもしれないのに ご迷惑をおかけすると心苦しいので この先も触れることはありません」とし、「お互いに感謝して別々の道を歩くことを選択した事実を二人が分かっていれば十分かなと思っています」とつづった。

とはいえ、これは表面上の理由で、隠されている真実は綺麗ごとでは済まないものだったと思います。

再婚相手(夫)のディレクターはどんな人?写真はあるの?

残念ながら大橋未歩さんの再婚相手の方の写真はありませんでした。

ですが、どんな人物像なのかは、大橋未歩さんの発言の中から何となく理解しました。

一部報道によると「次代のテレ東を担うエース候補ディレクターとして期待されている」と報じられたお相手の男性だが、テレビ東京関係者はこの報道に首をかしげる。

「エース候補のディレクターなんてとんでもない。相手のKは最近、ディレクターを務める番組もできましたが、番組によってはまだまだADの立場担当した番組の数も3本程度です。しかも、彼の評判は仕事よりプライベートのほうが話題になることが多いですから」

プライベートのほうが話題になるとはどういうこと?

スポーツ紙では「ルックスはいたって普通。チャラチャラした感じもなくて、仕事熱心」と報じられたが、この件に関してもこう笑う。

「確かにルックスは普通です。でも報道とは真逆で、局内ではチャラい男として有名。先輩への挨拶も“チーッス”みたいな、昔ながらの業界人風ですね。また、番組で知り合った女性を片っ端から飲みに誘っていたので、まさか大橋アナと交際しているとは思いもしませんでした

テレビ業界の人ってバブルの頃の感じなのかな?といったイメージしか沸かないのですが、アナウンサーとディレクターの結婚も珍しいですよね。

周りは2人は長く続かないのでは?と危惧しています。

半年間しか交際期間がないということは、勢いでゴールインしてしまったため、大橋アナも旦那の評判を詳しく知らなかったのかもしれませんね。旦那がこれまで噂になった女性との交際期間はどれも短い。なので今回もそのチャラい素顔がバレて、すぐに捨てられるんじゃないかってもっぱらの評判ですよ」

不幸になる人がいる結婚って、やっぱり心から祝福はされません。

大橋未歩の離婚&再婚に「旦那をよく捨てられたな」と大バッシング!

大橋未歩さんと城石憲之さんの離婚は、大橋未歩さんの前代未聞の「離婚&再婚同時発表」で世間は騒然となりました。

上にもご紹介してきましたが、当然、大橋未歩さんには厳しい声が集まりました。

「時期がおかしい。90%以上の確率で不貞があったのでは?」「二流選手の旦那を捨てたと言われたくなかったんだろうね」「適齢期に華やかなスポーツ選手と結婚。旦那が出世しないとわかったら同僚の年下を誘惑して再婚。パーフェクトな女の人生(笑)」と、とくに女性からはほぼ一方的にブーイングの嵐だ。

大橋アナは13年1月に軽度の脳こうそくを発症。約8カ月間の自宅療養中は、元夫の城石が大橋の体を気遣い、毎朝手作りのスムージーを飲ませるなど献身的な介護を行ったことで知られています。そんな背景があるため『尽くしてくれた旦那をよく捨てられるものだ』などと、大橋への非難が集中してしまうのはしかたないかもしれませんが、再婚という既成事実をつくってしまってからなら、『旦那を捨てた』バッシング一辺倒にはならずに済みます。もしそう考えての段取りなら、なかなかの策士だと思いますね」

これまで大橋未歩さんは笑顔が素敵な可愛い女子アナというイメージがありましたので、この離婚、スピード再婚ではかなりのイメージダウンとなりました。

大橋未歩さん自身は記者会見なども開かずにいることから、もしかしたら妊娠しているのでは?という見方もあります。

女性の場合、離婚して再婚するまでは半年開けなくては出来ない法律になっていますので、最短での再婚にしなければならなかったのはやはり妊娠を疑われても仕方ないと思います。

大橋未歩が自身の離婚を”卒業”と表現して視聴者ドン引き!

また、さらに叩かれるような不用意な発言が、大橋未歩さんから発信されました。

番組では、元フジテレビアナウンサーの河野景子さんと電撃離婚した元貴乃花親方が「今回の離婚はこれまでの夫婦としての成り行きを良い思い出に、卒業しようということでした」というコメントを取り上げた。

この“卒婚”に対し、意見を求められた大橋アナは「卒婚はとても共感できます」とし、「結婚するときに離婚しようと思って結婚する夫婦はいないわけで、継続させるために相当な努力をされてこられたと思う。

その努力した結果がダメだったということで、その状態からの卒業じゃないですけど、限界まで頑張ったことの表れなのかな」と持論を展開。

しかしMCで俳優の坂上忍から「夫婦関係に卒業なんてないんだよ、という考え方もある」と反論されると、「私も1回目は卒業したような感覚だったので…」と、なぜか自分の離婚の感想を述べたのだ。

夫婦の関係に”卒業”という言葉は適当ではなかったと思います。

今の時代夫婦は一生添い遂げるといった考えは古臭い考えとなっていますが、親子と違って夫婦は血がつながっていません。

だからこそ、大切に積み重ねていく時間が大切で、それを卒業などという言葉で片づけられるほど浅い関係ではないはずです。

結局”卒業”とった綺麗な言葉で片づけようとしているだけだと思います。

大橋未歩は現在、再婚相手との妊活に励んでいる!

大橋未歩さんは現在妊活中だそうです。

一時期は再婚相手の子供を妊娠しているから、といった解釈でスピード再婚を理解しようと思っていましたが、妊娠していなかったことが分かりました。

城石憲之さんとの間には子供は出来ませんでしたが、再婚相手の子供を急ぐのは39歳という年齢のタイムリミットがあるからかもしれません。

「仕事は生涯続けていきたい思いは強いようですが、まずは一休み。11歳年下のテレ東局員の夫との子作りに備えて、妊活するのではないかとみられています」

民放と比べて、産休が取りやすい空気があるのは事実。ただし、根回しは欠かせません。番組を受け持つアナは後任選びのことも考えて、『そろそろ‥‥』とさりげなく上司に伝えるならわしだそうです。

城石憲之さんと結婚されていた時も不妊治療をされていたようですから、大橋未歩さんの幸せって子供がいることなのかな?と思ったりします。

幸せのカタチは人それぞれですが、ここまでバッシングされ、周りから祝福されない結婚を貫いたのですから、大橋未歩さんが求める幸せに近付ければいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.