美空ひばりの死因は梅毒?がん?痩せ薬のセンナ?酒(アルコール)?山口組との関係がやばい!

Pocket

美空ひばりさんは昭和を代表する歌手です。

女性として初めて国民栄誉賞を受賞しました。

今回は美空ひばりさんの死因についてお話していきます。

美空ひばりの死因は梅毒やがんは嘘!本当は特発性間質性肺炎による呼吸不全!

美空ひばりさんは52歳という若さでこの世を去りました。

1989(平成元)年6月24日午前0時28分、美空ひばりが華々しくも苦悩に満ちた52年の生涯の幕を降ろした。死因は「特発性間質性肺炎」の悪化による呼吸不全。

美空ひばりさんの死因は肺炎だと公表されていますが、がんや梅毒との噂もありました。

そう噂された理由は複数の病気を患っていたためです。

美空ひばりさんは複数の病気と闘いながら歌手活動をしておりました。

 47歳、1985年5月、ひばりの誕生日記念ゴルフコンペのプレー中に原因不明の腰痛を訴える。49歳、公演先の福岡市で極度の体調不良に陥り、緊急入院。重度の慢性肝炎(肝硬変)と両側特発性大腿骨頭壊死症と診断され、入院療養。明治座の公演中止を発表。

だが、退院後も肝機能は回復せず、大腿骨頭壊死の治癒も捗々しくなく、病状は一進一退。50歳の1988(昭和63)年4月、東京ドーム復帰公演でステージに立つ。痩せ衰えた体をかろうじて支え、脚の激痛に耐えながらも全39曲を熱唱。体調は悪化していたものの、ドーム公演後の10か月間、13カ所の全国公演、テレビ番組収録などに精力的に挑む。

2月6日の福岡サンパレス公演で、持病の肝硬変の悪化によるチアノーゼ状態になるが、コンサートを強行。1100人の観衆を前に全20曲を熱唱。翌2月7日、北九州市小倉にある九州厚生年金会館での公演が、生涯最後のステージになる。
会場の楽屋では、酸素吸入器と医師が控える。肝硬変が急変すれば、食道静脈瘤が破裂し、吐血寸前の病態に追い込まれる。以後、横浜アリーナのこけら落とし公演に執念を燃やすが、自宅療養を余儀なくされる。

肝硬変を患っていた時にがんや梅毒を患っていたのではないかと勘違いされました。

美空ひばりさんが梅毒やがんに罹患したのではないかと噂されたようですが、この時期の体調不良は肝硬変によるものであって梅毒やがんが原因ではなかったのです。

ではなぜ複数の病気を患ってしまったのでしょうか?それは相次ぐ親しい者を失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染めてしまったためです。

1980年代に入ると、40歳代を迎えたひばりの前途に暗雲がた垂れ込める。知己・親友や肉親たちの急死が相次いだからだひばり44歳の1981年、実母・喜美枝は転移性脳腫瘍に襲われ68歳で他界。父親代わりになり、ひばりを可愛がった田岡組組長・田岡一雄は死没。1982年、大親友の江利チエミは45歳で夭逝。1984年、「銭形平次」を18年間も好演した大川橋蔵も55歳で永眠。

ひばりは、1977年にかとう哲也の実子・加藤和也を養子縁組する。だが、折り重なるように落命する人たちを失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め、か細い体を蝕まれる。

息つく間もなく、ひばりの2人の実弟、かとう哲也(1983年)と香山武彦(1986年)も42歳の若さで後を追う悲運に見舞われる。さらに1987年、親交が深かった昭和の大スター、鶴田浩二(享年62)と石原裕次郎(享年52)も次々と不帰の人となる。

ここまで次々と親しい者に去られると酒やタバコに逃げたくなる気持ちもわかりますよね。

「特発性間質性肺炎」とはどんな病気!

特発性間質性肺炎はかなり厄介な病気なようです。

ひばりを死に追いやった特発性間質性肺炎とは何か?

特発性間質性肺炎は、原因不明(特発性)の間質性(肺胞隔壁に広範囲に及ぶびまん性)の炎症が起きる肺炎(特定疾患)だ。

代表的な疾患は特発性肺線維症、サルコイドーシス、関節リウマチなどの膠原病 、 過敏性肺炎、じん肺、 薬剤性肺炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア・ニューモニエ肺炎、ニューモシスチス肺炎、サイトメガロウイルス肺炎などの感染症などがある。

特発性肺線維症は、慢性的に肺の線維化が進み、中高年以降に呼吸困難や乾いた咳で発症し、ゆっくり進行。およそ4~5年で呼吸不全が現れ、死亡に至る頻度が高くなる。肺がんを合併することも多い。治療に特効薬はなく、プレドニゾロンなどのステロイド薬などを処方するが、ひばりは、肝硬変を併発していたので、どのような治療が行われたのか判然としない。

また、治療を行っても、5年生存率は約36%、10年生存率は約20%といわれる難病のため、ひばりが苦闘していたのは疑う余地がない。

病気の進行はかなりゆっくりです。

そのため美空ひばりさんも無理をしてステージに立ち続けていたのでしょう。

肺がんを引き起こす原因にもなりうるようですし、かなりつらい闘病生活だったと思います。

特発性間質性肺炎を招いたのは酒(アルコール)の多量摂取や喫煙過多か

病気の直接的な原因はわかっていないようですが、喫煙ではないかと言われています。

ただ、原因がわかっていないものの、喫煙との関連が指摘されています。

それとひばりさんは「特発性間質性肺炎」と同時に、「重度の肝硬変」を併発していました。

2つの病気に関係する「タバコ」と「酒」は、特に母親が亡くなってから手を染めるようになったといいます。

肝硬変は飲酒、特発性間質性肺炎は喫煙が原因だと思われます。

美空ひばりの死因にセンナ茶(痩せ薬)が影響!

美空ひばりさんは病気になってから毎日の食事は玄米とお茶だけでした。

美空ひばりは病気になってから、玄米おにぎり2つとお茶だけの生活を毎日送っており、その食生活が原因で早死にしてしまったという話があります。

一緒に飲んでいたお茶はセンナ茶と言われる便秘に効く薬で痩せ薬としても有名でした。

一般的に玄米は健康食品ですから、それが早死につながったとは考えにくいですが、ほかに食事をとっていなかったみたいですから栄養が足りていなかったのかもしれませんね。

センナ茶を飲むように指示させた謎の医師がいた!

美空ひばりさんの食生活は医者から指示されたものだったようです。

美空ひばりさんの治療に関わっていたのが、ハワード・ヤングという医師で、医師独自の治療によって肝臓の機能を6割まで回復させますが、再び肝臓を悪くして美空ひばりさんは永眠しました。

その食事療法とは玄米だけを食べる治療法であり、低タンパク質の食事になるので体重が少なくなり急激な血圧の低下を招き、死因の1つになったと言われています

かなり怪しい治療ですが美空ひばりさんはこの方を頼るしかなかったのでしょうか。

この方の治療で高峰三枝子さんも早死にしてしまったようです。

このハワード・ヤングは韓国系のアメリカ人で、1990年ごろには約600人の顧客が国内にいました。

特に政治家や大物経営者などの顧客が多くおり、芸能人にも多数の顧客がいたそうです。

ハワード・ヤングは高峰三枝子さんの治療もしていたというウワサもあります。

高峰三枝子さんも同じような食事療法を受けて早期に亡くなった死因と言われています。

最終的にこの方は逮捕されています。

2003年3月17日に出入国管理及び難民認定法違反で逮捕されました。

怪しい治療法による逮捕ではなく、別の罪で逮捕されました。

美空ひばりの死因に山口組の関与はなくとも関係がやばい!

美空ひばりさんが活躍していた昭和時代は地方で営業をする際にその土地の暴力団に挨拶をしなければならないという暗黙の了解がありました。

美空ひばりさんが活躍していた昭和時代には芸能人が地方巡業を行う時、必ずその土地の暴力団に挨拶に行かなければいけないという暗黙のルールがあったそうです。

挨拶に行かなければ公演を妨害されたり激しい嫌がらせを受けるといった妨害行為が実際にあったと言われています。

美空ひばりさんも例外ではなく、地方で活動をする際には挨拶に行っていました。

山口組へ挨拶にも行ったことがあるようです。

当時、関西を山口組が仕切っていたため、美空ひばりさんは関西巡業の際には山口組に挨拶に行っていたとのこと。

11歳だった美空ひばりさんは母親と共に山口組三代目組長、田岡一雄氏の元へ挨拶に行き物怖じしない姿で堂々と挨拶。

当時の山口組の組長の前に挨拶に行ったときに美空ひばりさんは生歌を披露します。

その歌声に感動した山口組の組長は美空ひばりさんを応援すると誓いました。

田岡一雄は美空ひばりのオーラと無限の可能性を感じ、歌を歌うように要求し戦前に大ヒットした藤山一郎さんの「影を慕いて」を見事な歌唱力で歌いました。

これに感激した田岡一雄は「彼女を生涯にわたって守ろう」と固く誓ったそうです。

その後ある事件をきっかけに美空ひばりさんと山口組の関係はより親密なものになります。

昭和32年に美空ひばりさんがファンの少女から顔に塩酸をかけられる事件が起きたのをきっかけに、田岡一雄から庇護してもらうようになり「神戸のおじさん」「御嬢」と呼び合うなど家族ぐるみの付き合いに。

田岡一雄は1958年に「神戸芸能社」という会社を立ち上げ、美空ひばりさんはこの事務所に移籍し専属歌手として活動。

また、美空ひばりさんの実の弟、かとう哲也さんが山口組の組員になるなど、とても親密な関係だったと言えます。

とかなり深い関係にあったようです。

ですが美空ひばりさんの死因に山口組は全く関係がありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.