イニエスタのかわいい子供パオロの学校や年齢は?死亡した子供の名前は?

Pocket

イニエスタさんはサッカー界のスター選手です。

2018年より日本のクラブチームでプレーしています。

今回はイニエスタさんについてお話していきます。

イニエスタの子供の名前や年齢は?→長女ヴァレリア7歳、長男パオロ3歳、次女シエナ1歳

イニエスタンさんには娘が二人、息子が一人います。

2011年4月
長女 ヴァレリアちゃん

2015年5月
長男 パオロくん

2017年5月
次女 シエナちゃん

イニエスタさんのインスタグラムでは家族の仲睦まじい様子が挙げられています。

とても幸せそうですね。

イニエスタの子供の学校はどこ?→不明だがインターナショナルスクール4校のどれかが有力か

さて、イニエスタさんの長女ヴァレリアちゃんはすでに小学校に通う年齢です。

イにエスタさんは2018年現在日本に住んでいますから、子供がどこの学校に通っているか気になるでしょう。

情報がないのでなんとも言えませんが、神戸はよく異国の雰囲気と言われていますが、それは外国人の数がただ多いからというより、居住歴の長い外国人が多いということに由来されています。

兵庫県には外国人学校が12個ありますが、そのうちの8個が神戸にあります。

神戸市はかなり外国の方が多いみたいです。イニエスタさんもこちらで子育てしているでしょう。

そのうちの4校のインターナショナル・スクールのどれかにイニスタさんの子供が通っているといわれています。

カネディアン・アカデミィ
その代表格が六甲アイランドにある「カネディアン・アカデミィ」で、幼稚園から高等学部まであり600名近くが通う、神戸を代表するインターナショナル・スクールです

神戸ドイツ学院
さらにそこから歩いて数分のところには、「神戸ドイツ学院」があります。

こちらも100年以上の歴史を持つ伝統校で、2歳から16歳までを教えています。

聖ミカエル国際学校
並んで外国人学校が多い、北野異人館のある中央区の山側の英国系「聖ミカエル国際学校」で、3歳~11歳までが通う創立70年の学校です。

マリスト・ブラザース・インターナショナル・スクール
その他、須磨区にある「マリスト・ブラザース・インターナショナル・スクール」があります。

また公立校ではないかという意見もあります。

こうべ小学校
こうした外国人学校に通う子どもも多い神戸ですが、一方で、公立であっても多国籍な雰囲気を持つ学校も少なくないといいます。

中でもよく知られているのが神戸市中央区中山手にある「こうべ小学校」といわれています。

こちらは校区も広く、北は外国人が昔から多く住む北野町から、南は三宮〜南京町のある元町~海岸沿い辺りまでを含む。さまざまな地域の子どもがいて、さらに国籍も多様ということでした。

急に日本に引っ越すことになりましたから子供たちも戸惑ったことでしょう。

外国人学校が多い神戸市は最適な町だったかもしれませんね。

イニエスタのインスタ画像の息子のパオロくんが天使でかわいい(可愛い) と話題に

イニエスタさんの長男パオロ君はかなり美少年でネットで話題になりました。

J1ヴィッセル神戸に移籍したサッカースペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手の愛息子が美しすぎると話題になっている。

スペインの強豪バルセロナからJリーグに電撃移籍し、日本中を驚かせたイニエスタ選手は現在3児の父。5月20日(日本時間同21日)にバルセロナのホームスタジアムであるカンプ・ノウで開催された、リーガ・エスパニョーラ第38節のバルセロナ対レアル・ソシエダの一戦で撮影された1枚の写真をきっかけに長男であるパオロくんに注目が集まった。

写真のパオロくんはイニエスタ選手に肩車をされており、目はパッチリと大きく、顔立ちも美しい。ネット上では「美しすぎる。本物の天使」「めちゃくちゃ可愛い」「髪の毛がくるくるで可愛い!」「可愛すぎる。鼻とか凄く似てる」「女の子かと思った」など絶賛の声が相次いで寄せられ、話題となった。

ほんとに天使級の可愛さですよね。

パパのことが大好きで仕方ないみたいです。

イニエスタの子供が死亡!→流産の過去!

イニエスタさんは過去に子供を亡くしたことがあるようです。

夫人が子供を失ったのだ。インターネットの世界からは、イニエスタを支える励ましのメッセージが相次いで寄せられた。

知らせを聞いて当初ショックを受けたイニエスタは、次のように返答し、感謝している。

「おやすみ。僕、妻のアンナ、僕の家族からは、愛情とサポートを示しているくれたみんなに感謝しかないよ。僕らは尽きることのない感謝を君たちみんなにに感じている。僕らは深く沈んでおり、つらくて難しい時期だった。プライバシーを尊重してくれたことを感謝している。きっと天国からあの子が助けてくれるはずだ」

多くは語られていませんが、彼のもとには多くの励ましのコメントが集まったようです。

イニエスタはどんな子供時代を過ごした?

イニエスタさんは大スターですが、幼いころからその才能を発揮していました。

イニエスタさんがサッカーを始めたのは4歳のころでした。

アンドレス・イニエスタは1984年5月11日にスペインのアルバセーテ県フエンテアルビージャという小さな村で生まれました。

バルセロナでプレーした期間がキャリアの大半を占めるイニエスタだが、実は生まれ故郷はマドリードに近いのです。

小さな頃からサッカーに興味を持っていたイニエスタは、4歳からボールに触り始めました。

そして、8歳の時に地元アルバセーテの下部組織のチームに入団し、本格的にサッカーに取り組み始めました。

8歳からクラブチームに所属し、指導者の下で本格的にサッカーを始めます。

当時のイニエスタさんは大人顔負けのプレート才能で観客を魅了していました。

イニエスタの子供時代から誰も持ちえていない、特別な才能がありました。

まずひとつは超人的なボールスキルです。

単にボールを足で操るのがうまいだけではありませんでした。

相手とボールの間に自分の体を滑り込ませるという技術(いわゆるスクリーン)を、彼は子供時代から身につけていたのです。

相手ゴールに背を向けながら、しかも相手ディフェンダーを背負った状態で、体を入れ替えて相手陣地に進入するという決定的な局面につながりうるプレーを、子供時代から備えていました。

イニエスタのもうひとつの持ち味はドリブルスピードです。

しかも、単にドリブルのスピードが速いのではなく、加速性能や急激な方向転換、そしてブレーキングの資質まで備えていました。

そして12歳の時に所属していたチームで全国大会に出場します。

そこで多くの名門クラブから注目を浴びます。

レアルマドリードは彼のプレーに強い関心を持ち、ジュニアチームに入門することを強く勧誘しました。

イニエスタが子供時代を過ごしたアルバセーテからほど近いマドリードであれば、ホームシックなどにかからずに済むし、両親の近くにいられると諭したと言われています。

意外にもイニエスタさんに一番関心を抱いたのかレアルマドリードです。そしてイニエスタさんもレアルマドリードに入団することを望んでいました。

子供時代のイニエスタはレアルマドリードを応援していました。

理由はバルセロナがアルバセーテ相手に7度もゴールネットを揺らしたからだと言われています。

そのバルセロナの永遠のライバルがレアルマドリードであることは説明不要でしょう。

子供時代のイニエスタは、レアルマドリードでプレーして、バルセロナを見返してやりたいと考えていたのです。

しかし、イニエスタさんはバルセロナに入団します。

イニエスタの両親が息子のプレースタイルはよりバルセロナに適合すると考えて、カタルーニャのライバルクラブへの移籍を勧めたのです。

13歳からバルセロナで過ごすことになるイニエスタですが、彼の人生はここから凄まじい勢いで物事が変わりはじめたのです…

わずか13歳で故郷を離れサッカーのために人生をささげていきます。

そこからイニエスタさんはスター選手へと成長していきます。

1999年、まだ14歳だったイニエスタはU-15のチームの一員としてナイキ・プレミア・カップに参戦しました。

イニエスタの姿を見たグアルディオラが同僚のシャビに対し放った“予言”は、当時からイニエスタが見るもの魅了する特別な何かを持っていたことを感じさせるものです。

当時バルセロナのスター選手だったグアルディオラ選手はイニエスタさんの可能性があることを見抜いていました。

グアルディオラがバルセロナを去った2001年夏、イニエスタはその1年後にトップチームの一員としてプロデビューを飾っています。

2002年10月、この時イニエスタは18歳と5ヶ月という若さでした。

バルセロナのサッカーがイニエスタの急激な成長を促進した

イニエスタさんはグアルディオラさんの期待通りの活躍をしていきます。

そしてグアルディオラさんがバルセロナの監督として戻ってきたときにイニエスタさんと再開します。

イニエスタはその中でこれまでにはなかった才能を見せ始めます。

それは超人的なボールコントロールと、突出したスピードを発揮しながら、360°の敵味方を把握し、より良いプレー選択をするということです。

イニエスタさんの人生はまさに漫画のようですね。

またバルセロナスクール時代のイニエスタさんを知る村松尚登さんは14歳で飛び抜けていたとコメントしています。

FCバルセロナスクール村松尚登氏「イニエスタは14歳で飛び抜けていた。テクニックはもちろん、それを持ちながら周りを見て適切な状況判断が出来ている。全ての面で大人と同じようにボールとともに体現できていた」

さらに当時のチームメイトはこのようにコメントしています。

「わたしは14歳から16歳まで、カテデB、カテデA、フベニールBのカテゴリーで、イニエスタと一緒にプレーしていました。イニエスタの実家は遠く離れた町でしたので、たまにわたしの家に泊まりにきたりもしていました。当時、イニエスタよりも優れた選手が2人いました。それも普通の『良い選手』ではなく『とても良い』選手です。

しかし、2人のうち1人はメンタル面が原因でうまくいかず、もうひとりはパスポートの問題があって、チームに残ることはできませんでした。その意味で、イニエスタはなにも問題のない選手でした。家族ともうまくやっていたし、毎日の練習をきちっとこなしていました。彼が良かったのは、普通だったことです

毎日練習をきちっとこなすというのは簡単そうに聞こえますが、実際に行うとなると難しいですね。

どうしても気分やその日の体調により練習をする気にならないこともあると思いますが、そういった感情に左右されずイニエスタさんは練習し続けたので今の彼があるのでしょうね。

イニエスタがサッカーを通じて子供たちに伝えたいことがやばい!

イニエスタさんが日本の子供たちに伝えたいことは、イニエスタさん自身のビジョンです。

12歳からサッカーの名門FCバルセロナの育成組織「カンテラ」で学び、2010年のFIFAワールドカップで母国スペインを優勝に導いたイニエスタが、そのサッカースタイルやテクニック、ビジョンを次世代に伝えるプロジェクトは、2013年にスペインで始まった。

スペインでも同じような活動をしていたようですが、日本に来てもその活動は続けるようです。

子供たちと一緒にサッカーをプレーすることで彼のビジョンを伝えようというものです。

イニエスタ アイデアとしては、僕がこれまでバルサやスペイン代表で学んできたことを日本に伝え、僕自身もサッカーに限らず、日本からいろいろなことを学び、このクラブをより高みに持っていく、ということを考えているよ。

「イニエスタ・メソドロジー」の要点は。

イニエスタ 僕はずっと、ボールを保持してゲームの主導権を握るチームでプレーしてきた。サッカーにはいろいろな要素があるけれど、僕が学んできたのはポゼッション(ボール保持)を高めるために、ボールをどう扱うか、体の向きはどうするかということ。ボールを持っているとき、ボールを持っていないときにそれぞれ、どんな動きをし、どんな判断をするか。僕がこれまでに培ってきたことを、みんなに伝えたいと思っている。

「成功とは毎日の小さな努力の積み重ねである」

これがイニエスタの座右の銘だ。イニエスタはこうも語っている。

サッカー選手でも建築家でも、みんな自分の職業で一番になりたいと思っている。自分を良くするために毎日頑張る。それが人生だと思っている

イニエスタさんはサッカーの技術や戦術より、もっと大切なことを日本に伝えようとしているみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.