両親(親)が元ヤンキーの田中れいなのヤンキー画像やエピソードがやばい!

Pocket

田中れいなさんは元モーニング娘のメンバーです。

現在はバンドのボーカルを務めています。

今回は田中れいなさんのヤンキーエピソードを紹介していきます。

両親(親)が元ヤンの田中れいなのヤンキーエピソードがやばい!ヤンキー画像もあり。

田中れいなさんは2003年にモーニング娘のメンバー入りしましたが、その当時から派手なファッションや奇抜な髪形のためにヤンキーっぽいと言われていました。

デビュー当時は中学二年生でしたが、田中れいなさんのヤンキーエピソードは小学生からあります。

ご両親が元ヤンキーだった言う田中れいなさんは、彼女自身も小学校時代からかなりパンチの効いた子供だったようです。

田中れいなさんのヤンキーエピソードについて詳しく見ていきましょう。

2歳でパンチパーマ!

田中れいなさんは2歳のころにパンチパーマにしていました。

パンチパーマのれーなちゃん

パンチパーマとゆーかパーマ失敗しただけやけど。笑

自分でゆーのもアレやけど・・・・カワイイな。

2才児がパーマにしたいと言うのは考えにくいですね。

もしかすると元ヤンキーの両親がかけたものかもしれません。

幼稚園で眉毛を整える

幼稚園に入ると自分の意志で眉毛を整えるようになりました。

容姿に気を使いはじめたのは、幼稚園生の頃から。母に手伝ってもらいながら眉毛を整え、

このころからヤンキーの片鱗が見えてきますね。

小二で金髪で周りから近寄りがたい存在に

小学校に入学してからは髪の毛を金髪にしました。

小学校2年生の頃には金髪になっていた

眉がをそって金髪だったため学校内ではかなり目立っていたようです。

同級生からは大きな反感を買っていました。

小学校では自然と目立つ存在になることから、クラスメイト全員が「敵」になったことも。ある日、女子全員から無視され「まぁ、一人でもいっか」と気にも留めなかったところ、その日の夜にリーダー格の女子から電話で「今すぐ出て来い」。ほかの女子からも代わる代わる文句を言われ、「どこかでとどめを刺さないと」と思った田中は「キサマ! いい加減にせんとくらすぞ!」と方言でまくし立てると、翌日からは普通に話してくれるようになったという。

ですが気の強い性格なので売られた喧嘩はすべて買っていたみたいですね。

別の日にはブルマが男子トイレに捨てられたこともあったが、「ウケる! トイレにあるやん!」と超ポジティブ。いじめられているという感覚や落ち込むことが全くなかったのは、「めっちゃ強かったですし。いじめられる意味が分からなかった」から。小学校の同級生の証言によると、田中は朝の健康検査で名前を呼ばれてもひたすら先生をにらみつけるなど、近寄りがたい存在でもあったようだ。

軽いいじめのような状況にも陥っていたようです。

ですが本人はいじめとも思っていなかったようで。

異様な雰囲気を放つ田中れいなさんは同級生にとって近寄りがたい存在だったようです。

中学時代で全部違反

中学校に入学してからはもちろん校則があるわけですが、田中れいなさんはお構いなしでした。

中学になるとセーラー服のスカート丈を伸ばし、靴下はルーズソックスというコーディネート。当時の着こなしについて田中は「全部違反したかった」。当然ここでも目立つ存在になってしまうが、かつて田中に恋心をいだいてた高校1年の先輩の影響力に助けられ、校内で目をつけられることもなかったという。

同級生だけでなく上級生も黙っていないでしょうが、さらに上の高校の先輩に守られていたみたいです。

中学時代は相当暴れまわっていたでしょうね。

モーニング娘時代はメンバーと仲良くなかった

田中れいなさんがモーニング娘に入ったのはちょうどこのころでした。

小学校時代には同級生から恐れられる存在だったようですが、モーニング娘でも同じでした。

また、モー娘。時代ほかのメンバーと仲良くしようとしなかったと明かされると、指原は「ショックですよ」と衝撃を受けた様子。田中が「たまたまモーニング娘。のメンバーが合わなかったっていうだけで」と言うと、指原は「十何人もいましたよ」と突っ込んだ。

バリバリのヤンキーだった田中れいなさんはモーニング娘のメンバーとは合わなかったみたいです。

特に同期の道重さゆみさんとはモーニング娘に加入して10年後に初めて言葉を交わしたようです。

田中はさらに、「同期の道重さゆみちゃんとかまったく仲良くなくて、やっとさゆりがリーダーになってから話し合うようになって、しゃべりだしたのが10年後」と暴露。指原は「ショックなんですけど、番組で田中れいなちゃんがしゃべるとピリつくのは感じていた」と明かした。

お互い気の強い性格でしょうから意地の張り合いだったのかもしれませんね。

昔よりは丸くなっているとは思いますが、どこかぎこちない雰囲気が番組の収録中でも流れているみたいですね。

ブログで過激発言

芸能人になってからは自分のブログも持つようになるでしょうが、田中れいなさんはそのブログで元ヤンっぷりを発揮していました。

以前、田中れいなブログに載せた画像に、弟が反射して写り込んでいました。それに気づいた2ちゃんねらーが弟だと特定できるようにコントラストなどを調整した画像を公開してしまいました。

それに対して田中れいなが「しねばいいのに」とコメント。
しまいには、「ブログをやめる」とまで言っていました。

(00:39) 田中れいな: ゆるさん
(00:40) 田中れいな: でも2ちゃんは?
(00:42) 田中れいな: そのレイニー?とかいうのしてるのは誰?
(00:47) 田中れいな: もうブログしたくない。。。
(00:47) 田中れいな: かなしい
(00:47) 田中れいな: だってむかつくもん!!!
(00:48) 田中れいな: なんでこんなことするわけ?
(00:48) 田中れいな: しねばいいのに
(00:48) 田中れいな: のせたやつ
(00:49) 田中れいな: 顔をわざわざ載せやがって!!!
(00:49) 田中れいな: しねしね!!!
(00:49) 田中れいな:絶対ゆるさんね
(00:49) 田中れいな:2ちゃんねるは見ちゃ駄目って言われてる
(00:50) 田中れいな:警察に相談するかもね
(00:52) 田中れいな:消された?
(00:53) 田中れいな:ママは警察行くって
(00:53) 田中れいな:見よらんよ見たら駄目だし
(00:53) 田中れいな: 消したのに!!
(00:56) 田中れいな: あとは2ちゃんの?
(00:56) 田中れいな: だけ?
(00:59) 田中れいな: まじ?

ブログに乗せた写真から弟を特定されたことに激怒したようです。

この時にはコメント欄でかなりあれていました。

「しね」というのは芸能人が口にする言葉でなありませんよね。

田中れいなは実はなんちゃってヤンキーだった!

見た目や言動からヤンキーとよく言われますが、実は見た目だけだったりもするようです。

本人曰く、自分はヤンキーではないがヤンキーの友達は多いらしい。ヤンキー寄りのファッションを好む傾向も

しかし大きな犬に怯えるなど小心者な部分もあり、その辺りひっくるめての「なんちゃって」だと思われる。「れいなビビリやけん…」と小心者である部分は本人も認めるところである。

と意外な一面も持ち合わせているみたいです。

でもヤンキーじゃないと言っているのは本人だけで、周りから見れば十分ヤンキーです。

田中れいなのヤンキー時代の作文がかわいいと話題に

田中れいなさんは小学生のころに作文でモーニング娘に入りたいと書いていました。

意外にもきれいな字で作文を書いている田中れいな。その内容はモーニング娘。について書いているが、この作文を書いた2年後にモーニング娘。に。見事夢をかなえることに成功し、10年もモーニング娘。で活躍してきた。

小学生で作文にモーニング娘。になって歌いたいと書いた2年後にモーニング娘。加入して10年活動した中でスキャンダルなし、夢を与えんとなんてとんだアイドル優等生じゃないか!!田中れいなはただのヤンキーじゃないぞ!!

とてもきれいな字で書いていますよね。

しかもこの2年後には本当にモーニング娘に入っているのですから驚きです。

田中れいながヤンキーでいられたのは先輩ヤンキーのおかげ!

田中れいなさんは中学校に入学してもすきかってやっていました。

それは高校の先輩のようだったようですが、この男性は田中れいなさんの彼氏でも何でもありませんでした。

同級生のいじめに立ち向かった田中れいな。

こんな怖そうな先輩がバックについていたら、それこそ強いものなしですよね。

派手な格好をしていれば上級生に目をつけられそうなものですが…田中れいなさんは中1の時には既に高校1年生の男子高校生から後ろ盾を受けており、いじめられることは全く無かったそうです。

当然男女関係があったものと思われましたが、なんとそういったことは一切ナシ。

この男子高校生が小学生の頃田中れいなちゃんに片思いしており、その繋がりで彼女を守ってくれていたそう。どうやら彼氏ではなかったようです。

この男子性は小学校のころから田中れいなさんのファンだったようです。

幼いころから地元では有名な美少女だったようですね。

ヤンキーの田中れいなもビビる藤本美貴の怒号がやばい!

田中れいなさはモーニング娘に入った時からヤンキーでしたが、当時のモーニング娘にはすでにヤンキーの先輩がいました。

「ソロデビュー後、モー娘。に加入した藤本美貴です。ライブの楽屋内での音声が表に出たことがあったんですが、その中で藤本は田中に、『オメーよ、メール送るならさっさと送れよ! そんなコミュニケーションいらねっつってんだよ』と一喝。田中はビビって言い訳をするも、『ねぇ、イライラする』と無視。

さらには自分の私物に触ろうとしたメンバーに、『触んなよ、オラァァ!』と巻き舌でブチキレて、メンバーが『触ってません‥‥』と涙声で訴えるところで音声は途切れました。これを聞いたファンは震え上がり、ネット上でしばらく論争が巻き起こっていました

さすがの田中れいなさんも藤本美貴さんにはビビりまくりだったようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.