zard坂井泉水の死因の真相や真実は?エイズで病死や創価学会の殺人との噂も

Pocket

坂井泉水さんは東京都内の会社に受付係として勤務していた時にスカウトされ芸能界入り。本名の蒲池幸子としてキャンペーンガール、レースクィーン、モデルとして活動された後、1991年2月10日に「zard」のボーカル「坂井泉水」としてシングル「Good-bye My Loneliness」でデビュー。『負けないで』『揺れる想い』『マイ フレンド』など9作でミリオンヒットを記録し、90年代アーティスト・トータル・セールスの女性ボーカル・アーティスト部門で1位に輝いています。

今回はそのzardの坂井泉水さんの死因について迫っていこうと思います。

zardの坂井泉水が転落死!死因写真から脳挫傷と判明

メディアにはほとんど出演していなかったものの数多くのファンから支持され、数々のヒット曲を世に送り出していた坂井泉水さん。

坂井泉水さんの歌声に魅了された人、前向きな歌詞に励まされた人、zardファンならずもショックを受けるニュースが突如飛び込んできました。

自殺と事故の両面で調べを進める警視庁によると、坂井さんは26日午前5時40分ごろ、東京・信濃町の慶応大学病院の駐車場で、頭から血を流してあおむけで倒れているところを通行人に発見された。坂井さんは病棟脇にある非常用スロープ(高さ約3メートル)から転落したとみられている。

その後集中治療室で緊急処置を受けるも、後頭部強打による脳挫傷のため翌5月27日午後3時10分に死去した。

坂井泉水さんが入院先の病院で転落死・・・。

残念、悲しい、惜しい、辛いなど簡単な言葉では言い表せないほど坂井泉水さんが亡くなったというニュースは衝撃的なものでした。

坂井泉水さんの死について人によって様々な思いはあるでしょうが、まずはどうして亡くなったのか?という疑問の声が上がると思います。

一体、坂井泉水さんに何が起こったのでしょうか?

所属事務所の説明では「最近の日課だった散歩を終えて4階の病室に戻る途中、前日の雨の影響で足を滑らせた」としている。

坂井泉水さんがなぜ慶応大学病院に入院していたかは後程触れますが、所属事務所によると坂井泉水さんは入院中、散歩することが日課になっていたそうで散歩中に誤って非常用スロープから転落してしまったと発表されました。

警察は自殺・事故の両方の可能性を考えて捜査していると発表・・・。

坂井泉水さんの死因は脳挫傷と公表されています。その状況から自殺・事故と両方の可能性が指摘されていました。

坂井泉水さんの死因は自殺と事故のどちらだったのでしょうか?

zardの坂井泉水の事故現場から事故死が疑われる

坂井泉水さんの所属事務所の発表は散歩中に非常用スロープから誤って転落し頭を強打してしまったというものでした。

その根拠は?

手すり部分には手の跡が残っていた。腰を掛けていてそのまま後方に転落したとの見方が有力だった」(前出の捜査関係者)

スロープの手すり部分に坂井泉水さんの手の痕が残っており、散歩で疲れて手すりに腰を掛けていたところバランスを崩して後頭部から転落してしまったのではないかと言われています。

更にスロープの床は前日の雨で濡れており滑りやすかったことも転落する原因になったと言われています。

また、スロープから地面の高さから自殺するのは困難ではないかという意見も・・・。

事故死の説としては、乗り越えたとされるスロープは1階部分であり、3メートルの高さを自殺に選ぶというのは考えにくいようです。そのため、警察では坂井泉水が腰掛けようとして転落した可能性もあると考えていたようですね。

自殺するならもっと高い場所から飛び降りるのが普通であることから事故死の可能性が高いと考えられているそうです。

事故死だと思われる根拠は他にも・・・。

音楽関係者は「遺書もなかったし、病室が整理された様子もまったくない。病室では詞を書き留めたり、秋ごろをめどに、ツアーやアルバム製作を予定するなど、復帰にはとても意欲的でした」と真っ向から自殺説を否定する。

自殺の兆候は全くなかったそうで、復帰に意欲的だったことから自殺することはないと言われています。

zardの坂井泉水は自殺した言われる理由1:がんで入院

自殺の兆候はなかったと関係者は語っていますが、当時から自殺したと考える人は少なくありませんでした。

その理由として、「がん」の闘病苦が挙げられます。

坂井は前年に子宮頸がんが発覚。一端、手術は成功したものの、肺への転移が見つかって再入院していた。そんなこともあって『病状を悲観した上での自殺か』との情報も飛び交っていた

2006年4月に子宮頸がんと診断され、6月1日に慶応義塾大学病院で病巣の摘出手術を受けて7月に退院しましたが、翌2007年4月に肺への転移が見つかり抗がん剤による治療を受けていた矢先に亡くなってしまったことから闘病を苦にし自殺したという話があります。

抗がん剤による副作用に苦しんでいたことは想像に難しくないですが、自殺に至ったのはこれまでに苦しんだ病気も大きく影響していたのではないでしょうか?

坂井泉水さんは2000年以降、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症と次々に病気を患っていたそうです。

坂井泉水さんは2006年に発見された癌以外でも、2000年以降たびたび病魔に悩まされていました。子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症などでの闘病を経て、2006年4月に子宮頸がん発見(手術後、同年7月に退院)、そして2007年4月に肺に転移しているのが発覚し、以降は抗がん剤治療中だったと言います。

そんな矢先の転落死でした(ちなみに癌が公になったのも、死亡ニュースと同時だった)。

度重なる病気、しかも今度は肺にがんが転移・・・精神的にまいってしまってもおかしくないでしょう。

その他、一部では度重なる病気との戦いの中で、精神的に弱っていた(うつ病説なども)のでは?という憶測も出ています。

いわゆる「うつ病」になってしまったことから自殺という道を選んでしまったのでしょうか?

不確かな情報ですが一部では余命宣告をされていたと言われているそうです。

実は、坂井泉水は2007年4月に肺への転移が発覚して再入院した際に、すでに余命を宣告されていたと言われているんです。

その余命はわずか「2ヶ月」だったそうです。このことは、親族だけに伝えられていたようですが、坂井泉水が年齢的に若いことが、逆に病気の進行するスピードを早めていたそうです。

体重は30㎏ほどまで痩せてしまったと伝えられており、日々弱っていく自分に悲観的になることは当たり前だと思いますし、自殺の兆候はなく復帰に意欲的に周囲からは見えても当事者でなければ本当の苦しみは理解できないのではないでしょうか?

そう考えると自殺の可能性は高いのかもしれません。

zardの坂井泉水は自殺した言われる理由2:事故現場から事故死は不自然

また、事故現場の状況からただの事故死ではないと思われる点がいくつかあるそうです。

まず、いつもと散歩するルートが違っていた。

散歩のルートは毎朝決まっていたようですが、この日だけは違った散歩コースを取っています。ここが非常に不思議な点です。

なぜ、この日だけいつもと違う散歩コースを選んだのでしょうか?気分転換でいつもとは違う散歩コースを選んだのでしょうか?

そもそも、非常通路が現場となっており、天気も雨が降る時間だったことから、散歩や景色を見えるということも考えにくいそうです。

いつもと違う散歩コースで気分転換をはかることは理解できますが、この日は雨が降っていたそうで坂井さんが散歩していたとされる時間は早朝4時。5月の4時は真っ暗だと思いますし天気が良かったとしても景色を楽しめるかどうか・・・。

手すりを自ら残り越えたという話も・・・。

警視庁の発表によれば、坂井さんが手すりを乗り越えた痕跡が見つかっており、「足を滑らせた」と発表した事務所側のコメントと大きく矛盾している。

“事故”当時の『夕刊フジ』によると坂井泉水さんが手すりを乗り越えた痕跡が見つかったと掛かれており、この記事が本当なら自殺した可能性が高いと言えるのではないでしょうか?

そもそもスロープから転落するのは難しい?

スロープの床から手すり上部までは約1・2メートル。足を滑らせて転落するというのはやや不自然だ。四谷署も、手すりを乗り越える形で転落したとみており、詳しい経緯を調べている。

坂井泉水さんの身長は165cmで手すりの高さは1.2mだったそうです。坂井さんが手すりに腰を掛けていた時に足を滑らせたとしても落ちる可能性は低いのではないかと当時のニュース番組で検証されていました。

また、病棟から非常用スロープへの扉は施錠されていたのにもかかわらず、わざわざ非常用スロープを散歩していたことにも疑問が生じています。

「患者があれほどの早朝に、非常通路に出入りすることはない。しかも、雨が降る早朝に散歩することも不自然だ。自らの意思で乗り越えたとしか思えない。状況から考えて自殺ではないのか。病院関係者の多くがそうみている」坂井さんは現場となったスロープのある病棟の4階に入院していたが、病棟からスロープへは施錠してあるため、直接出入りはできないという。

非常用スロープに行く理由があったのか、ただの思い付きだったのか、意識障害があり迷い込んだのか・・・様々なことが考えられますが謎は残ったままです。

zardの坂井泉水の死因に新事実?創価学会の殺人説が浮上!

自殺や事故死、両方に疑問点があることから坂井泉水さんは誰かに殺されたのではないかと推測する人がいるようです。

有名人が亡くなった時に陰謀論や他殺説を唱える人はいるものですが、坂井泉水さんの死にはある宗教団体が関係しているという話があるようです。

>沢山のファンの言葉から 同じ 疑問の不審な死を問う 言葉が お別れ会で 流されている。 メディアにも流された。 坂井泉水さんも 不当な 理不尽な 口封じの為? 創価学会の脱会の為? 脱会を口にした あるいは 非難 誹謗中傷の為? いずれにしろ 坂井泉水さんは 不当な 理不尽な 偽装殺人で 殺された事が 事実らしい。創価学会員逹組織的犯罪で 殺されたらしい。 ファンの人逹から そういう 言葉が 出ていたらしい。

>俺の知り合いである医者の方がいるのですが、ZARDのことは表沙汰にはされていないことが結構あるんだよ。としか教えてくれませんでした。

>なんらかの力が働いたのは確かでしょうね。彼女は創価ではなく、しかし創価に入れと学会のストーカーたちにしつこく迫られていたらしいです

創価学会による殺人説はあるサイトに書かれていたもので元ネタはネット掲示板の書き込みのようです。

ソースがネット掲示板ということですし真実かどうかは判別するのは難しいかもしれません。

本当の話なら警察が動いていると思いますが、動かないのは創価学会の影響力が関係している・・・なんて陰謀論はいくらでも作れますし、「信じるかどうかはあなた次第です」としか言いようがありません。

zardの坂井泉水の死因はエイズとの噂も

坂井泉水さんがエイズが原因で亡くなったという噂はあるのですが、「ZARDの死因はエイズなのか?」なんて見出しの記事しかなく、内容は一切エイズには触れていませんでした。

子宮頸がんはたくさんの男性と関係を持ったから罹る病気だと思われがちで、そのイメージから坂井さんがエイズだったのではないかと考える人がいるようです。

子宮頸がんとは?

子宮頸がんの発生には、その多くにヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papilloma Virus)の感染が関連しているとされていて、患者さんの90%以上からHPVが検出されています。また喫煙も子宮頸がんの危険要因であることがわかっています。子宮頸がんは30歳代後半~40歳代に多く発症しますがが、最近は若い女性で増えている傾向にあります。

子宮頸がんは必ずしもたくさんの男性と関係を持つことで罹る病気ではないそうです。ヒトパピローマウイルスに女性は生涯で50~80%の人が感染するウイルスだと言われており、ほとんどの人は体外へ排除されるそうですが、排除されなかった人が子宮頸がんなどに罹ってしまうそうです。

しかし、子宮頸がん以前に坂井泉水さんがたくさんの男性と関係を持っているという噂はあったようです。

昔、坂井泉水さんが大人のビデオに出ていたという噂がありましたが、その噂から坂井さんがたくさんの男性と関係を持っているというイメージを植え付けたのかもしれません。

坂井さんは本当に大人のビデオに出演していたのでしょうか?ファンの方が質問に答えられているので紹介します。

・ちがいます。A〇女優はよくある「そっくりさん」です。

・でたらめです。元レースクイーンです。

レースクイーン時代の過激な衣装からセクシー女優だと思った人がいたり、そのビデオを見たという人もそっくりさんだったというオチのようです。

実際、私も坂井さんがビデオに出ているという噂を聞いたことがあり、本当なら見てみたいと思っていましたw

本当なら今でも高値で取引されているでしょうしガセネタなんでしょうね。

zardの坂井泉水の死因の真実や真相は?→自殺ではなく事故死

坂井泉水さんのファンの中には彼女が事故死だったことを強く唱える人がいるようです。

坂井さんは高さ3mから転落しました。自殺する人がそんな低いところから降りるとは思えません。

後頭部を打っていたことからも飛び降りの可能性は低いです。座っていてバランスを崩してしまったと考えるのが妥当です。

また、坂井さんはパジャマを脱いでTシャツとズボンに着替えて朝の散歩に出かけていきました。病室はパジャマが畳まれず脱ぎ捨てたまま。身辺整理もされていませんでした。

自殺しようと思って病室を出る人が、身の回りの整理もせず、わざわざ服を着替えるでしょうか?

そして遺書は見つかっていません。歌詞を書いて想いをファンに伝えてきた人が何も言葉を残さず命を絶つなんて考えられません。

僕は坂井さんは決して自殺ではない、と信じています。

自殺を考えていたにしては準備がまったくされておらず、これまで事故死の根拠として紹介したように「高さ3mから転落」「後頭部を打っていた」ことから手すりに腰を掛けていたことから、誤って後頭部から落ち打ちどころが悪かったことによる事故死だった・・・。

なぜ、手すりの腰掛けたのか、そして誤って落ちてしまったのかという疑問にも答えられている人がいます。

自殺ではありません。彼女は手すりに腰かけるのが好きだった。抗がん剤の影響で気をうしなって落ちてしまった。ひと月後に現場に行ったけど低くて驚いた、地面から手すりの上まで2メートル50センチぐらいだと思う。

抗がん剤の影響で意識がもうろうとしていたからスロープに出てしまったり、何も考えず危ない手すりに腰を掛けてしまった、そして意識を失い落下ということのようです。

また、坂井さんの関係者によると他の薬物の影響もあったそうです。

「坂井は復帰計画を積極的に進め、秋にはライブツアーを行うといわれていた。そのために治療に専念し、投薬を受けていました。最近は精神的に不安定だったため、抗がん剤だけではなく、何種類かのクスリを病院に処方してもらっていたようです。

それで頭がボーッとしている時があったというんですね。彼女はスロープの手すりに腰を乗せていた時に転落したとみられていますが、クスリが効いてフラフラしていたのではないか。絶対に自殺ではありません」

精神を安定させる薬の中には眠くなる成分もあるそうなので事故当時は意識がもうろうとした状態であったのは間違いなさそうです。

zardの坂井泉水の死の直前にアートディレクターに明かした事実がやばい!

坂井泉水さんの死の直前に病室を訪れていたというアートディレクターの鈴木謙一さんは、坂井さんが亡くなる数週間前にもお見舞いに訪れており坂井さんと会話していたそうです。

坂井さんは鈴木謙一さんにどんな話をしたのでしょうか?

鈴木氏が坂井さんと最後に言葉を交わしたのは、その3週間ほど前で、肺にがんが転移したことがわかり、抗がん剤治療を行っていた頃だったそうだ。

「最後に言葉を交わしたのは電話だったんです。おそらく治療の前だったんだと思うんですけど、すごくそれが怖いんだっていう話を聞きました。僕もその3年前にガンという病気を患っていたことがあり、当時坂井さんも心配してくださっていたんですが……『私、怖いんです』と仰ったその気持ちがよくわかるというか……。治療をしていく中で不安や恐怖に襲われることはどうしてもあって、その時は何も言葉をかけることができませんでした」

坂井さんが話した『私、怖いんです』・・・抗がん剤による副作用や弱っていく自分。死について直面した時、人はどんなことを想うのでしょうか?綺麗ごとではなく、ただただ怖い・・・これが答えなんでしょうね。

私も病気で死の直前までいった経験がありますが、入院中は時間が流れるのを遅く感じ考え込む時間が増えてしまいます。前向きになれる時もあれば死ぬかもしれないという恐怖や不安に襲われることが多々ありました。

坂井さんが精神的にまいっていたのではないかという話がありますが、不透明な未来、自分の死について考える時間が長くなれば不安定なってしまうのは仕方ないことだと思います。

zardの坂井泉水の命日の5月27日は毎年献花台が設置されている

坂井泉水さんが亡くなられてから10年以上経ちますが、現在も坂井さんの命日となる5月27日には献花台が東京と大阪に設置されているそうです。

坂井泉水さんの献花台が設置されている場所は、坂井泉水さんがレコーディングなどで通っていた地である東京の六本木と大阪は北堀江に設置されています。

ファンの方々が、向日葵など思い思いの花を手に、毎年数千人が献花に訪れているそうで、ZARD と坂井泉水さんがいかに多くの人から愛されてきたかを感じることが出来る日でもあると言われています。

坂井さんが亡くなられた直後にzardのベストアルバムがオリコンランキング300位圏外から3位に急上昇するなど、坂井さんへの哀悼の意であったり感謝の気持ちが感じられる出来事がありました。

現在もたくさんのファンが献花に訪れていることから坂井さんはファンの心の中で生きているのでしょうし、zardの曲を初めて聴くような若い世代にもファンが拡大していっているのでしょうね。

zardの都市伝説!坂井泉水は生きている!?

zardにはある都市伝説があるそうです。

すばり、「坂井泉水さんは生きている」という都市伝説。にわかには信じられませんが・・・。

どんな根拠があるのでしょうか?

仮に坂井さんが生きているとするならば、何故、事故死を装ってまで死んだように見せかける必要があるのでしょうか?

理由の一つとしては次のような事が考えられます。

自由を得るために死んだ

有名芸能人ともなると、街中を歩いたり、買い物したりするのも自由にはできませんが、死んだという事にすれば、それが可能になるわけです。

坂井さんはZARDとしての活動期間中、テレビ出演はほぼ皆無、メディアへの露出も極端に少なかったわけですが、これも全て最終的な自由を得るための布石だったのかもしれません。

もともとメディア露出が少ない上、世に出回っている画像の若かりし頃のものばかり。しかも世間的には死んだことになっている。そんな状況の中、果たして当時40歳の坂井さんが街中を歩いていて本人だと気づく人が一体どれだけいるのでしょうか?

もしかしたら坂井泉水さんの死はZARD誕生の瞬間から決められていたことなのかもしれません。そのヒントとなる鍵は名前に隠されています。

ZARDの「Z」と「A」は終わりと始まり、「R」はRail、つまり始まりから終わりまで全て敷かれたレールに沿って活動することを表しそして最後の「D」はDead、つまり「死」で終わる・・・

アルファベットの一文字、一文字をこう解釈すれば、ZARDという音楽ユニットの活動は最初から最後に至るまで全て計画されたものであったと考えてもなんら不思議ではありません。

そして、その役目を果たした坂井泉水さんは、蒲池幸子(本名)として今もどこかで楽しく暮らしているのかもしれません。

信じるか信じないかはあなた次第です!!

信じてみたくなるような都市伝説ですね。

坂井泉水さんを表す言葉として美人薄命なんて言われますが、生まれたからには美人だろうが不美人であろうが幸せに長生きしたいですよね。

もしも坂井泉水さんが生きているのなら病気とは無縁で幸せな人生を送っていてもらいたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.