河合奈保子の娘kahoが歌手失敗した理由がヤバい!現在は何してるの?

Pocket

河合奈保子さんは1980年代のアイドルです。

結婚を機に芸能活動は休止しています。

今回は河合奈保子さんの娘についてお話していきます。

河合奈保子の娘はkaho!どんな人?画像あり

河合奈保子さんの娘のkahoさんについて紹介します。

kaho(読み方:カホ)
オーストラリア在住
生年月日:1998年11月1日(14歳)
出生地:日本・東京
血液型:O
星座:さそり座
趣味:自然観察
好きな言葉:‘Peace’
好きな食べ物:チーズ

今年成人を迎えるようですね。

まだまだ若いです。

また幼少期より両親の影響で、スティービー・ワンダー、マイケル・マクドナルドをはじめ、様々な音楽に触れて12歳で作詞作曲活動を開始したようです。

kahoは東京生まれで、現在オーストラリア在住の14歳。幼少期より両親の影響で、スティービー・ワンダー、マイケル・マクドナルドをはじめ、様々な音楽に触れて育った。6歳のころ母親が弾くピアノを見よう見まねで弾きはじめ、ピアノのインストを作曲することをはじめた。

9歳の時父親からボイスレコーダーをプレゼントされ、そこに唄とピアノでメロディーを吹き込むことで作曲の面白さを覚え、12歳より自宅に録音設備を揃えはじめ、本格的に作詞作曲活動を開始した。

母親の影響とはいえ12歳から作詞作曲活動を開始とはすごいですよね。

河合奈保子の娘のkahoは歌手として史上最年少でレコチョクデイリー1位獲得!

河合奈保子さんの娘のkahoさんはシンガーソングライターです。

無名の14歳女性シンガーソングライターkaho(読み方:カホ)が、11月27日に両A面デビューシングル「every hero/Strong Alone」でソニー・ミュージックレコーズよりCDデビューすることが明らかになった。

また収録曲「every hero」は、堀北真希主演フジテレビ系新ドラマ『ミス・パイロット』(10月15日スタート、火曜午後9時)に異例の大抜擢されることもあわせて発表となった。

なぜ抜擢されるようになったかと言うと、父親からの繋がりが大きいようです。

かつて宇多田ヒカルのヘアメイクを担当していた父親の金原宜保氏の繋がりで、宇多田ヒカルを手掛けた三宅彰プロデューサーにデモ音源が渡り、その才能に惚れ込んだ三宅氏が、ソニー・ミュージックレコーズにプレゼン、即契約、デビューに向け三宅氏と楽曲制作に入った。

その後、多数の主題歌候補アーティストの中から、kahoのデモ音源を聴いた、フジテレビ後藤プロデューサーの目にとまりフジテレビ系新ドラマ『ミス・パイロット』の主題歌に大抜擢されることとなった。

宇多田ヒカルさんを見抜いたプロデューサーですから、目は確かでしょうね。

その証拠に翌年、kahoさんが当時15歳のころにはレコチョクのデイリーチャートランキングで一位を獲得しています。

11月27日に両A面デビューシングル「Every Hero/Strong Alone」でCDデビューする15歳のシンガーソングライターkaho。その先行配信曲「Every Hero」が、レコチョク着うたフル11月19日付デイリーチャートで1位を獲得した。

シンガーソングライターとしては史上最年少での獲得になりました。

彼女をプロデュースするのは宇多田を手掛けた三宅彰氏。それ以外にも、シンガーソングライター、10代でデビュー、親が歌手、海外育ち、語学堪能…などと宇多田との共通点が多く、“第2の宇多田ヒカル”と話題になっている。

その実力と経歴なども似ていることから第二の宇多田ヒカルとかなり注目を浴びていたようですね。

河合奈保子の娘kahoは歌手デビュー失敗し現在は引退状態!

デビュー直後から注目も集まり、期待の大きかったkahoさんですがすでに歌手活動は引退しています。

いったい何があったのでしょうか?

「翌14年4月にレコード会社との契約が切れて“引退状態”です。独特な歌声で期待されていましたが、“第2の宇多田ヒカル”的に売り出す計画を、本人が嫌がったようです」(レコード会社関係者)

なんと本人が事務所からの押し売りを嫌がったようですね。

kahoさんはもともと楽器が弾くのが大好きで音楽を始めたそうですから、売れたいとか有名になりたいとかそういった願望はあまりなかったのかもしれませんね。

番外編!売出しに失敗したタレント特集

kahoさんは二世タレントです。

二世タレントの失敗談はたくさん聞きますよね。

それに加えて第二の宇多田ヒカルという異名も持っています。

第二の○○と言われた人もすぐに消えてしまうのが芸能界です。

ここからはすでに消えてしまった二世タレントや第二の○○芸能人を紹介していきます。

第2の○○で失敗したタレント達

小林幸子さんもその一人です。

紅白歌合戦の顔でもあり、現在はレスボスでネット上でも大人気の小林幸子さん。

幼少期には「第2の美空ひばり」と呼ばれていましたが、美空ひばりさんサイドから「それなら美空ひばりはいらないですよね」と言われてしまいテレビ側が小林幸子さんを一時使わなくなったという話があります。

現在でこそ大成功を収めていますが、過去には芸能界から干されてしまったこともあったようです。

続いて坂本一生さんです。

第2の加勢大周として売り出されたのが坂本一生さんです。

加勢大周さんの事務所独立問題が背後にあり。新加勢大周としてデビューしましたが、事務所のごたごたに巻き込まれて消えてしまった印象があります。

最後は水沢アリーさんです。

しゃべり方が似ていることから、第二のローラと言われていました。

事務所からキャラ設定に指示が出ていたと暴露し、ローラに寄せていたことをカミングアウトしましたが現在はめっきりテレビで見なくなりました。

第二の○○はデビュー当時こそ注目を集めますが知らぬうちに見かけなくなりますよね。

そういうジンクスがあるようです。

2世で失敗したタレント達。

次は二世タレントを紹介していきます。

とんねるず石橋貴明さんの娘である石橋穂乃花さんです。

女優としてデビューしたての頃はテレビにも良く出演していましたが、話がお父さんの話、しかもどの番組でも使い回していることから徐々に露出が減っていきました。

お父さんのようなトークを期待されていたのでしょうか?

ビートたけしさんの娘の北野井子さんです。

1997年に父親の映画「HANABI」に出演して女優デビュー、そして1998年6月にはX JAPANのYOSHIKIプロデュース・楽曲提供により『Begin』で歌手デビューしましたが、その後は目立った活動はしていません。

北野作品に出演したにもかかわらず女優としてはやっていけなかったようです。

関口宏さんの息子の関口知宏さんです。

俳優やタレントとして活躍し、どことなく父と風貌が似ていることから、「大物になるかも」と噂されていましたが、いつのまにかテレビで見なくなりましたね。

消えてしまうジンクスを二つも持ってしまっては、生き残るのも難しいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.