やなせたかしと出身地高知との関係について!電車のキャラクターが凄い!

Pocket

こどものころ誰もが通るであろうアンパンマンブームの時期があるくらい人気のアンパンマンの作者やなせたかしさんと出身地の高知の関係についてまとめましたのでご覧ください。

やなせたかしと高知との関係について

やなせたかしさんを調べていると、「やなせたかし 高知」の検索ワードを見つけることができました。またそのワードで調べているとやなせたかしさんは高知県に密接な関係のことがわかりましたので、ご紹介していきたいと思います。

出身地が高知!

アンパンマンで有名なやなせたかしさんの出身地は高知県香美市です。

やなせたかしさんと高知県の関係性も強いのでご紹介いたします。

電車(ごめんなはり線と中村・宿毛線)のキャラクターをデザイン

やなせたかしさんが高知県を走っている電車のごめんなはり選と中村・宿毛線のキャラクターをデザインしました。

こどもが好きになりやすい丸っこいデザインのキャラクターが多くかわいらしいのが特徴です。

まずは、ごめんなはり線のキャラクターのご紹介です。

平成13年に、ごめん・なはり線の開通に際して地元で活性化を協議する中で、「キャラクターをつけてはどうか」という案が浮上しました。地元関係者が高知県出身のやなせたかし先生にキャラクターの作成を依頼したところ、快諾を得ました。

最初は1体ということでお願いしていたところ、やなせ先生の計らいで、沿線20駅すべてに特長を活かしたかわいいキャラクターが誕生しました。

やなせたかしさんの計らいで20駅すべての特長を生かした駅モチーフのかわいいキャラクターをデザインしたそうです。

20駅分のキャラクターをデザインするというところが地元愛を感じますね。

そして次にやなせたかしさんがデザインした中村・宿毛線のキャラクターをご紹介します。

高知ならではの電鉄会社のキャラクターをも手掛けるやなせたかしさんは地元愛があるお方ですね。

宿毛湾で11月から2月ごろまで見られる、太陽が水平線上に沈みかけた際に海面から上がる水蒸気の層を通る光が屈折することで現れる「だるま夕日」をモチーフに、「サニーくん」と「サンコちゃん」が平成17年に誕生しました。

着ぐるみが鉄道体験ツアーや企画列車運行、駅まつりなど鉄道利用促進のPR活動に活躍しています。

サニーくんとサンコちゃんは駅まつりなどのPR活動などのイベントで活躍しているようです。

電車好きなこどもには嬉しい鉄道キャラクターですね!

アンパンマンのホテルが建設

アンパンマンをテーマにしたホテル「ザ・シックスダイアリーかほくホテルアンドリゾート」が12日、高知県香美市で開業した。3階建てで客室数は17室。故やなせたかしさんの作品を展示するアンパンマンミュージアムに隣接し、家族連れを中心に呼び込む。

アンパンマン好きなこどもには嬉しいアンパンマンをテーマにしたホテルを建設したようです。

部屋にいるだけで楽しくなるホテルでしょうね!

しかもアンパンマンミュージアムに隣接しているのでアンパンマンミュージアムに遊びに行って、ホテルでもアンパンマンを堪能できるこどもにはすごく嬉しいホテルです。

開業に合わせて、アンパンマン列車を運行するJR四国と同ホテルは共同企画で13日から利用できる「高知やなせたかし記念館&ザ・シックスダイアリーきっぷ」を発売した。

四国のJR各駅からホテル最寄りのバス停までのJR・バスの往復券、ミュージアム入館券やホテルのレストランで使える食事券などがセットになった割引切符だ。

交通手段になる電車やバスの往復券やミュージアムの入館券や食事券などがセットになった割引切符なども販売して、家族連れを呼び込む企画もあるようで遊びに行きたくなっちゃいますね!

実家がお墓の公園に!

13日に亡くなった漫画家やなせたかしさん(享年94)の墓が、出身地の高知県香美市香北町朴ノ木に造られる。

実家の跡地に公園を整備し、自筆の詩を刻んだ石碑を置く。来年2月に完成、翌3月に納骨式を行う。やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団(香美市)が20日、明らかにした。

やなせさんの希望で、公園造成は生前の今年9月から始まっていた。「故郷の土はあたたかい」、「一本の朴ノ木にぼくはなりたい」などとしたためた詩が財団に託されているという。

やなせたかしさんの公園とお墓の構想は生前からあったようですね。

普通の人ならなかなか思いつかない発想がやなせかたしさんらしいです。

遺骨の上に詩碑を置き、両脇にアンパンマンとばいきんまんの石像が並ぶ。財団が公園を維持管理する。

財団の仙波美由記事務局長は「やなせたかしの心象風景を感じ取れる場所にしたい。ファンの方に来ていただいて、故人をしのんでほしい」と話している。

ファンの方に足を運んでもらいたいという気持ちがファンのことも考えているなと実感します。

やなせたかしさんの素晴らしい人柄が溢れたお墓になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.