平子理沙は短足なのか紗栄子と画像で比較!短足故に足長補正って本当?

Pocket

平子理沙さんはファッションモデルとして活躍する傍ら、ファッションブランドをプロデュースしたり歌手をしたりとマルチに活躍しています。

47歳になった今でも衰え知らずのその美貌やスタイルに「カリスマモデル」「アラフォーの星」とも呼ばれています。

私生活では1997年に俳優の吉田栄作さんと結婚し、2015年に離婚しました。

そんな平子理沙さんの短足について迫っていきます!

平子理沙の短足について

平子理沙さんと言えばトップモデルとして絶対的地位にいて、その美貌ももちろんのこと抜群のスタイルを誇っていますが、実は”短足”だと言われているのです。

実は、よくよく調べてみると、平子理沙さんの“短足疑惑”は、平子理沙さんがファッション雑誌「JJ」でモデルデビューした時から噂されていたようなんですよね。

その時の画像がコチラ。

確かに体がアンバランスです。

カメラマンさんの腕前も疑ってしまうほどの酷い出来上がりですが、まあ、とりようによってはカメラアングルが悪かったということでしょうか。

これは、平子理沙さんのデビュー当時の写真なのですが、修正技術がまだ追いつていない時代だったのかもしれません。

昔は短足が囁かれなかった理由は?

「JJ」時代から”短足”の噂は言わずもがなあったようなのですが、それが大々的に知られなかったのには様々な理由がありました。

まず、平子理沙さんのこれまでの雑誌等の写真では上半身以上からのショットが圧倒的に多かったという点。

撮影するカメラマンは最大の努力を払い、自分の仕事として最高の仕上がりに持って行きますから、読者を魅了するレベルの高い写真が見られるわけです。

そして、時代と共に加工スキルが上がってきたことが挙げられます。

雑誌などの写真では顔のアップや上半身が中心に公開されますから、読者としては気づきにくいです。

紙面ではフォトショップなどで、容易に画像修正もされるようです。

そう考えると昭和時代の芸能人は修正や加工が出来なかったわけですから、それでいてあのクオリティは本当に選ばれた人だったということです。

東京ガールズコレクションのスタイル披露時にはあまりの短足にショックを受けるファン続出!

”短足”だと言われてきた平子理沙さんがその醜態を晒すことになったのは、東京ガールズコレクションでのその姿でした。

上と下で別人かと思うくらいバランスが悪いです。

このランウェイを歩く平子理沙さんの短足ぶりを目の当たりにして、衝撃を受けたファンは数知れずだったようです。

平子理沙さんの身長は164㎝。

モデルとしては小さい方です。

だからでしょうか、この時、平子理沙さんだけ高いヒールを履いて出演したそうなのですが、それがまた”短足”ぶりを助長させてしまっています。

短足だけでなく明らかに足太ましくありませんか?

先ほども申しましたが、平子理沙さんのショットは上半身や顔のアップが多く、こうして足を見せるファッションはあまりなかったのではないでしょうか?

これでは公開処刑も同然。

単にこの衣装が悪いとまだ思いこみたい方々に別のショットをお見せします。

やはり雑誌の加工ありきの画像で見るのと、生で見るのとではこれほどの差が出てしまうものなのですね。

こんな平子理沙さんに対して、「すごく頑張って若作りしている感が出てる」「いくら若作りしても、しょせんは昔の人だからスタイルが悪いのは仕方ないのかも」なんて声が上がる一方で、「こんな“普通のおばちゃんスタイル”で、他のモデルに混ざってランウェイを歩けちゃうメンタルはすごい!」との声も。

今まで平子理沙さんは水着の写真なども多く撮影してきたことと思いますが、よほど修正、加工が入っていたことがこれで明らかになりました。

ここまで短足、足太が晒されては、今後の営業妨害にもなりかねそうですが。

実は紗栄子も短足?画像で比較してみた

同じく「カリスマモデル」の紗栄子さんにも”短足疑惑”が出ています。

その時の画像がコチラ。

これはがっかりな写真です。

紗栄子さんの雑誌撮影の時なんて、周りのスタッフがひとポーズするごとに「可愛い」「可愛い」と声を上げていますが、生のランウェイでは誤魔化しもききません。

”短足”つながりで、平子理沙さんと紗栄子さんの”短足”っぷりを検証してみましょう。

平子理沙さん。

タイトスカートに小さなライダースを羽織って登場した平子はチラリとウェストをのぞかせながら「タイトなスカートは今年着てみたいなと思ってました」とニッコリ。

紗栄子さん。

ミニスカートにシースルーのトップでさっそうと登場した紗栄子は野外ステージで行われたイベントに「人がいっぱい〜」と驚きながら「最近ゲリラ豪雨とかすごい多いので来ていただけるかなと思っていたら、たくさんの人が来てくれた。ありがとうございます」と喜んだ。

平子理沙さんと紗栄子さんが並んでいる画像がないのですが、こうして同じ道を歩いている姿を見ますと、だいたい同じような足の長さに見えます。

ですが、どちらの写真もカメラのアングルが違うので実際は同じくらいなのかそうでないのかはっきり言ってわかりませんね。

短足なので足長修正してた?

これから平子理沙さんの2枚の画像をご紹介します。

いかがでしょうか?

どこか違和感を感じませんか?

どちらの画像も足を修正しているせいで靴が異様に長く大きく写っていませんか?

そして上半身に比べて、下半身があまりにも長すぎませんか?

不自然すぎます。

やはり足長に修正しているとしか思えません。

他のモデルも加工は当たり前にしてる!

そもそも日本人は外人に比べて足が短い人種です。

ですから日本のモデルはまだまだ一部しか世界で通用しないのだと思います。

今の日本では何故かハーフモデルが人気ありますよね。

ですが、一人ひとり見て行くと、どのモデルさんもかなり加工しているのでは?と思われる画像ばかりで驚きます。

しかも極端にバレそうなくらい加工している画像が目立ちます。

ローラさん。

ローラさんの身長は165cmと公表されていますので、この足の長さであればもっと身長が高いはずです。

実際はこの程度でしょう。これでも一般的に十分に良いスタイルですよね。

続いてダレノガレ明美さん。

ダレノガレ加工本間wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww一緒のカバンやのに持つところの長さ違いすぎ加工バレバレ下手すぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

これは一目瞭然ですねw

短足に見える原因は顔が大きく、脚が太いため?

平子理沙さんが短足に見える理由は、顔が大きいことと、脚が太いためではないかと言われています。

確かに、モデルさんは顔が小さい人が多いですよね。

今でいうと山本美月さんや堀田茜さんなど、本当に手のこぶしより小さいとおもうくらいです。

ですが、「カリスマモデル」とまで言われてきた憧れの平子理沙さんの顔だけの画像を見てください。

エラが張っているように見えますし、これはだいぶ若い頃の写真だと思いますが、今では頬にボトックス注射を入れすぎて顔がパンパンだと言われています。

どう見ても小顔の部類には入りませんよね。

また脚が太いこともスタイルの悪さを助長しています。

ですがウエストの細さなどは完璧なんですよね。

本当に何目線かと言われそうですが、おしいのです。

平子理沙のスタイルは6.5頭身!その理由は?

よく5頭身だとか6頭身だとか言いますが、その頭身は身長を頭の長さで割った比率のことを言います。

日本人では6頭身から7頭身が平均のようですが、それは平成に入ったころの数字だと思います。

モデルさんには7頭身、8頭身が当たり前で、それが憧れへと繋がるからこそ、モデルは特殊な職業なのです。

ですが、今は読者モデルなどもたくさんいて、簡単にガールズコレクションのランウェイも歩けてしまう環境が出来ているので、それほどスタイルが良くなくてもモデルというカテゴリーに入ってしまうのです。

では、平子理沙さんは何頭身なのか?と計算すると、6.5頭身くらいだという数字が出ています。

同じ顔の長さであったとしても、当然、背の高い人の方が顔が小さく見えますし、背の低い人の方が顔が大きく見えてしまいます。

また、首が長かったり、肩幅が広かったりすれば、その分、顔が小さく見えます。

大事なのは全体のバランスです。

いわゆる「○頭身」というものですが、一般的に理想的だとされているのが8等身です。これに近いほど、顔も小さく見えるようです。

それを踏まえて有名人で言うなら、ローラさんが9.7頭身で、安室奈美恵さんは9.2頭身だそうです。

9頭身なんてどんだけ!って感じです。

また、平子理沙さんがカリスマモデルでありながら6.5頭身であることには、運動を一切しないことも原因かと思われます。

顔は加齢と共に大きくなると言われています。

体の代謝機能が衰えてきて皮下脂肪が溜まって太る原理と同じで、顔の脂肪も年齢と共に落ちにくくなるのです。

そのため顔も、徐々に大きくなってくるのだそうです。

つまり、年を取っても運動することは健康、美容にいいだけでなく、顔のバランスを保つためにもいいということです。

代謝を良くするためには、全身の筋肉を使うこと。

外でのウォーキングでも室内でのエクササイズでも、血行を良くして内臓を活性化し、新陳代謝を活発にする効果があるそうです。

ただ、平子理沙さんが運動しない主義なのにはこんな理由があるようです。

平子理沙さんは、痩せないように注意しているのだそうです。

その理由は「洋服が似合わなくなってしまうから」。

ただ細いだけではない、海外のボディコンシャスな形を目指しているようです。

細いだけでのモデルではなく、肉感的にスタイルが良い、出るとこ出て、締めるとこ締めるみたいなボディが本当のスタイルの良さだという理念があるようですね。

また食事でストレスを貯めたくないので好きな物を食べる主義なようです。

平子は、過去にも「肉が大好き」と語っていたが、この日も「私は、食いしん坊。自分が食べたいものを食べる」とキッパリと話した。

「やっぱり、食事でストレスを貯めたくないから」と説明を続け、周りを驚かせていた。

肉食かつ運動をしない。

太るべくして太っていますねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.